妊婦さん必見!エアコンのききすぎは夏風邪になっちゃう…夏の日中のおすすめな過ごし方

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦さん必見!エアコンのききすぎは夏風邪になっちゃう…夏の日中のおすすめな過ごし方

夏の日中は、ぐんぐんと気温が上がって過ごしづらいですよね。
最近の日本の夏はますます暑くなってきているといいます。
普通でも過ごしづらいなと感じるので、妊婦になるとなおさら夏の日中は辛く感じてしまいます。
妊娠すると体温が高くなりやすいので、普通の人よりも余計に暑さを感じやすくなります。
どうにかして快適に過ごしたいと思っても、エアコンがききすぎると夏風邪になって、もっと辛くなってしまうことも。
では、夏の日中はどのように過ごしたらいいのでしょうか?

夏の日中は室内でゆっくり過ごす

1aee810e5c619235f036bcbb58bb9dff_s

過ごしづらい夏の日中は、妊娠中はできる限り外出を控えたほうがいい、といわれています。
外に出ると太陽の光が突き刺さるように暑いですし、やはり妊娠中は体力も不足しがちで疲れやすくなります。
ママが辛いということはお腹の中にいる赤ちゃんも辛い、ということです。
あまり無理はせずに、ゆっくりと室内で過ごした方がいいですね。
外出はできるだけ涼しい時間にしたほうが、ママのためでもあり、赤ちゃんのためでもあります。

夏のエアコンには要注意

夏は室内で過ごしていると、エアコンが効いていることが多いですよね。
エアコンは快適な温度になりますし、夏の暑さを忘れさせてくれるのでとても便利で欠かせないものですが、エアコンも効きすぎは身体を冷やしてしまいます。
風を直接浴びてしまうような状態だと、余計に冷えてしまいます。

夏はエアコンの影響で風邪をひく、という人も増えます。
また外との気温差が大きくなりすぎて、その温度差に身体がついていかずに不調を招きやすくなります。
エアコンが原因の不調に気を付けながら過ごさなくてはいけません。

夏風邪は長引きやすい?

41ecdcdf4c58ce6025b8b8dad7576dc2_s

妊娠している間はできるだけ体調を崩したくないですよね。
夏風邪になってしまうと、長引きやすくて辛い妊婦生活になってしまいます。
夏風邪は体内で増殖するウイルスが原因なので、体外へ排出されるまでには時間がかかってしまいます。
すでに増殖をしたウイルスが体内に入り込んでいるからです。
そのため、治りにくいといわれています。

また夏は一度風邪をひくと免疫力が低下していて、なかなか治す体力がない、というのもひとつの原因です。
長引きやすい夏風邪から身体を守らなくてはなりません。

夏風邪対策でできること

では、夏風邪にはどんな対策があるのでしょうか。

エアコンが効きすぎない場所で過ごす

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s

エアコンが強い部屋は避けましょう。
涼しく過ごせていいのですが、エアコンが効き過ぎると健康に悪い影響を与えてしまいます。
オフィスなどでどうしてもエアコンの効きすぎが避けられない状態にある場合は、着る物を工夫したり、周りの人に伝えて協力してもらいましょう。

妊婦は絶対にお腹は冷やさない

f68721bc7599a0784f8d4ae8bc6a07b3_s

身体の冷えはもちろんですが、特にお腹は絶対に冷やさないでください。
身体が暑くなってきたなと思っても、実はお腹だけ冷えているということもありますので、暑いからといって薄着になりすぎるのは避けましょう。
温めるために下着をつけて守ると同時に、締め付けないようにして血行を妨げることがないような服装を心掛けたいですね。

冷たいものを避けて、温かいものを

84e3027b4b1369a10ebffec41b457201_s

夏は暑いので、冷たいものを食べたいと思うかもしれません。
確かに冷たいものを口にするのって、暑い季節は楽しみでもありますよね。
でも、冷たいものを食べて身体を冷やしてしまうのは妊婦さんにとっては絶対にNGです。
冷えは血流を悪くさせて、ママにも赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまう可能性があるからです。
冷たいものが急に入ってくると赤ちゃんもびっくりしてしまうかもしれません。
妊娠中はぐっと我慢してくださいね。

妊婦さんは体温よりも温かい飲み物をとることが大切です。
さらには、同時に栄養も摂れるとベストです。
ビタミンは自律神経を整え、疲労回復をサポートする働きがあります。
手軽に栄養も摂りたいという妊婦さんには、マタニティスープがオススメです。
ただでさえ気温が高くて暑いのに温めるなんて…と思うかもしれませんが、エアコンがきいている室内などでは体内から温めることで夏風邪などを防ぐことができます。

夏場は汗をかいてしまって水分が不足し、不調を招くこともあります。
さらには、お腹が大きくなるとトイレに行くのも一苦労だから、とついつい水分を控えてしまいがちなのですが、積極的に水分は摂りましょう。
お家でちょっとホッとしたいとき、オフィスでのランチに、水分と栄養も一緒に補えるマタニティスープなら効率がいいですよね。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事