妊婦さん必見!妊娠中の食べづわり対策をご紹介!

妊婦さん必見!妊娠中の食べづわり対策をご紹介!

妊娠するとつわりに悩む人が多いですが、つわりにも種類があることは知っていますか?
一般的なつわりは、ふいに吐き気などが襲ってきて、食べ物を受け付けられない…というつわりです。
これは吐きづわり、といいます。
一般的なイメージでは、つわり=吐きづわりなのですが、実は反対の食べづわりもあります。
今回は、つらい食べづわり対策について、ご紹介します。

食べづわりってどんなつわり?

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

つわりの中でも、食べづわりは「常に何かを食べていないと気持ち悪くなってしまう」というつわりです。
空腹を感じると気分が悪くなる、などの症状が起こります。
そのため、何かを食べ続けていることから、食べづわりと呼ばれています。
食べづわりは食べれば落ち着きますが、食べたら吐き気がする、という吐きづわりと同時に症状として現れることもあるので、そうなってしまうととても辛い時期が続きます。

食べづわりで心配なこと

食べて落ち着く人でも、心配になるのが食べ過ぎによる体重の増加ですね。
最近は妊婦さんでも体重制限がされています。
元々の体重にもよりますが、5キロから12キロぐらいが目安となっています。
食べづわりが続いた場合、本来増えてもOKとされている体重よりも増えすぎてしまう可能性があるでしょう。

そうなると、出産のリスクが高まりますし、母体にも負担がかかりすぎてしまいます。
赤ちゃんが出てくる産道に脂肪がつくと、難産になるともいわれています。

今すぐ始めたい、食べづわり対策

f06b39933e19ebddd9aeabffabe61f80_s

食べづわりは早めに対策をしないと、一度増えた体重は妊娠中に減らすのは大変です。
今すぐにでも対策を始めましょう。

・たくさん噛んで食べる

人間は噛むことで満腹中枢が刺激されて、満腹を感じるようになっています。
そのため、あまり噛まずに食べてしまうとなかなか満腹を感じずに、ついつい食べ過ぎてしまうのです。
一口一口をしっかりと噛んで食べれば、少ない量で満腹になります。

・ こまめに少しずつ食べる

1日3食で終わらせようと思っても、どうしてもその間に食べづわりが襲ってくる、というときには食事の回数を増やしてみてください。
1日3食で食べる量を、1日5回や6回ぐらいに分けて食べれば、常に空腹を感じずに過ごすことができます。
食べる楽しみも増えるので、1回の量は少なくても満足できるでしょう。

・心を落ち着かせる

食べづわりになると、食べていないと吐き気が襲ってきてしまう…というような不安に襲われます。
その不安から食べ過ぎてしまう人も多いのですが、心を落ち着かせるために飴やガムなど、カロリーが少ないものを口にしていると、食べたいという衝動が抑えられ、心が落ち着きやすいです。
食べたい気持ちを我慢するよりも、食べてもいいものを口にして満足して過ごすことをおすすめします。
飴やガムでもいいですし、カロリーの低いこんにゃくゼリーなどもいいですね。

・夜の空腹には消化がいいものを

食べづわりは、夜にも襲ってきます。
夜ご飯を食べて眠ろうと思ったら、空腹でむかむかしてくるでしょう。
そんな時は我慢せずに食べてしまってもOKです。
そのまま我慢していても、なかなか眠れなくなってしまいます。

ただしカロリーが高いものは避けて、眠る前に食べても負担が少ない、消化がいいものを選んでください。
麺類やスープなどが良いですね。
体も温まるものを選んだほうが、眠りの質も高まります。

虫歯には気を付けよう

食べづわりで色々と口にすることが多くなり、夜遅くにも食べることが増えると虫歯が心配です。
妊娠中の虫歯は治療できない時期もあるので、特に気を付けなくてはいけません。
1日3回の食事リズムであれば、なるはずがなかった虫歯であっても、常に何かを口にしていると歯みがきをするタイミングも難しくなりますし、ついつい適当になってしまう人が多いです。
歯みがきはいつも以上に念入りに、そしてこまめにおこないましょう。

食べづわりに悩むときにも…お腹を満たしてくれるマタニティスープ

2015_12_180085

食べづわりになると、何かを口にしていないと気持ち悪くなってしまいます。
だからといって食べ過ぎてしまうと体重増加が心配…という人におすすめしたいのが、マタニティスープです。
マタニティスープはヘルシーでカロリーも少ないですが、赤ちゃんのためになる栄養素はたっぷりと含んでいます。

スープなので飲むとお腹も満たされますし、食べづわり対策としてもぴったりではないでしょうか。
美味しく飲めるので続けやすく、おやつ代わりにしてもいいですね。
夜の空腹もスープが満たしてくれますし、低カロリーで消化もいいのでおすすめです。

マタニティスープ 03-5256-6155(平日9:00~18:00)
http://maternitysoup.jp/

・現役ママ3000人、妊婦栄養研究の管理栄養士、産婦人科が共同開発!
・現役ママにも、未来のママにも、必要な栄養素が凝縮!
・化学調味料、合成着色料、人工保存料、人工甘味料、合成香料を使わず無添加!
・第三者機関による検査済み!

IMG_1348
Yuko

Mama writer
4歳と1歳の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事