妊婦さんの頭痛の原因とやわらげる対処法

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
妊婦さんの頭痛の原因とやわらげる対処法

妊娠中のさまざまな不調の中で、「頭痛」に悩まされる妊婦さんはとても多くいます。
妊娠中はむやみに薬を飲むわけにいかないということもあり、辛い経験をしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。
今回は頭痛の原因、対処法などの情報をご紹介いたします。

頭痛の原因

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_m

妊婦中のホルモンバランスの乱れ

妊娠中はホルモンバランスの急激な変化があります。
赤ちゃんを成長させるための黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、ホルモンバランスが急激に変化し脳の血管が拡張され、それに伴い偏頭痛が生じているといわれています。
またストレスなどにより自律神経が乱れて頭痛が起きてしまう場合や、つわりの症状のひとつとして起こるいう方もいます。
たいていは偏頭痛と言われていますが、中には嘔吐による水分不足が原因ということも。

運動不足、体型の変化

妊婦さんは、体の変化やつわりなどで動くのがおっくうになり、運動不足になりやすくなります。
疲れがおこり血行不良で、脳の血行が悪くなって頭痛が起こるだけでなく、少しずつ大きくなっていくお腹や乳房をかばう姿勢をしたり、バランスを取るために全身の筋肉が緊張し血流が悪くなり起こる事があります。

鉄欠乏性貧血

妊娠中は、赤血球、ヘモグロビン等の血球成分が増加しないので血が薄くなり貧血を起こしやすくなります。
血液内の酸素が不足するとめまい、耳鳴り、動悸などの症状も出る事があります。

※関連記事はこちら↓↓↓

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群(PIH:pregnancy induced hypertension)とは、妊娠中期ころから出る高血圧や浮腫み、それに伴う尿蛋白や血管障害、臓器障害などの症状の事をいいます。
高血圧の状態が続き、血管が拡張するとまわりの神経を圧迫してしまいます。
また、急に浮腫みがひどくなってきたり、頭痛が続いたりする場合はすぐに病院を受診する必要があります。

妊婦の頭痛の対策

08-1
頭痛には「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の2種類があります。
偏頭痛は脳の血管が拡張され、吐き気、肩こり、目の周辺の痛みが伴い起きます。
緊張型頭痛は肩こりや血行不良などで血管が収縮し、後頭部、頭全体にしめつけられるような痛みが起きます。

テレビ、スマホ、パソコンの長時間使用をやめる

長時間のテレビやスマホの使用は視覚や聴覚を刺激します。
暗いところでは、大脳の後頭葉内で平面、立体認識のズレが生じ、その結果偏頭痛が起こりやすくなります。
またパソコンの使用の場合は、ドライアイや液晶画面から発せられるブルーライトの影響により片頭痛発作の誘因になります。
こまめに休憩をしながら、使用するようにしましょう。

照明を暗くし休む

妊娠中は、急激な身体の変化や免疫力も弱くなるので、無理をせず疲れたと感じたときは、ゆっくり休みましょう。
また明るい場所は神経を敏感にしてしまうので、休むときは照明を暗くし脳神経を穏やかにしてから休むと良いでしょう。

偏頭痛は冷やす

偏頭痛は患部を冷やすズキズキと痛みのある偏頭痛が起きたときは、痛む場所を冷たいタオルで冷やすか、おでこを冷却シートなどで冷やしましょう。
広がった血管が収縮しておさまります。
氷のような冷たすぎるもので直接冷やすと、逆に頭痛を引き起こしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

緊張型頭痛は温める

肩こりや血行不良など緊張型頭痛の場合は、疲労を感じる部分を温めると痛みが緩和されます。
マッサージも効果的です。肩や首を中心にゆっくり回したり、頭頂部を痛くならない程度に揉みほぐすと良いでしょう。

ストレスを減らす

妊娠中は色々な変化が急激に起こるため身体にストレスが溜まりやすいです。
そのため自律神経のバランスが悪くなりやすいので、整えるようにしましょう。
お風呂にゆっくり入ったり、フットバスもオススメです。
好きな音楽を聞いたり、趣味に没頭したり、気分転換を心がけましょう。
また、アロマを楽しむ場合はユーカリやローズマリー、柑橘系が鎮静効果があるのでオススメです。

ただし、アロマオイルの中には香りも強く、月経を促す作用や、ホルモンバランスに影響するものもあるので、詳しく調べた上で使用するようにしましょう。

鉄分を多く取る

妊娠すると貧血になる場合が多く、身体の疲れやだるさもありますが、脳が酸欠状態になるため、頭痛を引き起こす事になります。
日頃から鉄分の多い食品を取り入れるようにしましょう。
推薦摂取料は「約8.5〜9.0mg/1日」ですが、食品からの摂取はなかなか難しいです。
マタニティスープは10mgの鉄分を補うことができますので、不足分をしっかりカバーしましょう。

水分も多く取る

つわりが辛く、食事がとれない場合でも水分補給はしたいものです。
妊娠中に水分を補給すると血液の流れがよくなり、頭痛の緩和になります。
またつわりで脱水症状がでる方も。
水分をこまめに取り予防しましょう。
むくみの解消や、赤ちゃんに栄養が届きやすくなります。

カフェインを摂る

偏頭痛の場合、血管を収縮させることで痛みを和らげることができるため、収縮効果のあるカフェインを含むコーヒーやお茶を飲むのもオススメです。
ただし、妊婦さんはカフェインの取りすぎには注意が必要です。
飲む際は少量を楽しむようにしましょう。

妊娠中の動作はゆっくりと行うのが基本

赤ちゃんへ栄養をおくる血液が最優先となる妊娠中は、脳の血流が不足し頭痛をおこしたりします。
とっさに起き上がったりするとめまいやふらつきを起こし大変危険です。
妊娠中は落ち着いてゆっくりした行動をしましょう。

長時間同じ姿勢をしない

デスクワークの妊婦さんに多いですが、長時間に渡り同じ姿勢をしていると、血流が圧迫され頭痛を引き起こしてしまいます。
30分を目安に背伸びや深呼吸、軽いストレッチをして血流を良くしましょう。

睡眠をとる

睡眠は、身体の疲労回復やホルモンバランスに大きく影響します。睡眠不足が続くと、疲労の蓄積やホルモンバランスの乱れ等の頭痛の原因になりやすくなるので、十分に睡眠を取るよう心がけましょう。

まとめ

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

妊娠中だからといって、我慢のしすぎは必要ありません。
ただし、自己判断で市販のお薬を飲むのは、絶対にやってはいけません。
辛い場合は産婦人科へ受診をしてもらいましょう。
妊娠中に飲める薬もあるので、処方をしてもらいましょう。
我慢しストレスをためる事は赤ちゃんや母体のためにもよくありません。
万全な状態で、楽しい妊娠期を過ごしましょう。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事