妊婦は豆乳を飲んでも大丈夫?飲み過ぎに注意!!

妊婦は豆乳を飲んでも大丈夫?飲み過ぎに注意!!

豆乳を健康や美容のために、妊娠前から習慣的に飲んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。
妊娠中は、普段の食事にも気を遣うため、「妊婦さんは豆乳を飲んでも大丈夫?」と心配になる方もいるのではないでしょうか。
妊婦さんが豆乳を飲んでも良いか、飲む場合の注意点などの疑問にお答えいたします。

妊婦さんは豆乳を飲んでも大丈夫?

豆乳は牛乳に比べて低カロリーであり、たんぱく質、マグネシウム、ビタミンB1・B2、ビタミンEなどの豊富な栄養素を含んでいるため、妊婦さんにもオススメの飲み物です。
また、基礎代謝を活発にしてくれる「大豆たんぱく」や悪玉コレステロールを減少させ血流を促進するレシチンや、脂肪吸収を抑制し、抗酸化作用もあるサポニンなど、体に良い栄養分もたくさん含まれています。
また鉄分やカルシウムも多く含んでいるため、豆乳は妊婦さんにオススメです。

妊婦さんが豆乳を過剰摂取するとどうなるの?

妊娠中に豆乳を摂取すると、嬉しい効果がたくさんありますが、豆乳に豊富に含まれる「大豆イソフラボン」の過剰摂取には気をつけなくてはいけません。
妊婦さんの体とお腹の赤ちゃんは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンによってサポートされています。
豆乳が良いからと言って、過剰に摂取し続けると、2つのホルモンバランスが乱れてしまい、妊婦さんが体調を崩したり、胎児の発育に影響を及ぼす可能性があるといわれています。
その他、「大豆イソフラボン」を過剰摂取すると、乳がんや子宮内膜増殖症などのリスクを高める可能性があることも指摘されています。
そのため「大豆イソフラボン」の摂り過ぎには気をつけましょう。

ですが、「大豆イソフラボン」はエストロゲンという女性ホルモンに関係していて、骨粗しょう症や更年期障害の予防にも効果的だといわれています。
また妊婦さんが豆乳を摂取すると、妊娠・出産をコントロールすることができますので、過剰摂取に注意しながら、上手に豆乳を摂取していきましょう。

妊婦さんが1日に飲んで良い豆乳の量は?

大豆イソフラボンの1日当たりの摂取目安量は70~75㎎と言われています。
豆乳コップ1杯分(200g)に含まれる大豆イソフラボンは49.6㎎ですので、豆乳1日1杯程度が望ましいとされています。
豆乳の他、普段の食事で摂取する機会の多い大豆製品にも大豆イソフラボンは豊富に含まれています。
例えば、納豆1パック(50g)で36.8㎎、豆腐1丁(300)で60.9㎎、味噌大さじ1杯(18g)で8.9㎎です。

また普段からサプリメントを併用している方は、イソフラボンが含まれていないか確認し、もし入っている場合は、摂取量を見直しましょう。
日本食にはもともと大豆製品が多く使われているため、和食を1食分食べるだけでも大豆イソフラボンの1日摂取量に到達してしまいます。
ですので、食事のバランスを考えながら豆乳をプラスすると良いですね。

妊婦さんが豆乳を飲むとメリットはある?

妊婦さんが豆乳を飲むことにより、さまざまな効果が期待できます。
特に豆乳に含まれる大豆イソフラボン、レシチン、サボニンが効果的に作用します。

大豆イソフラボン

妊婦さんは女性ホルモンのバランスの乱れによって、イライラや体のだるさが起こりやすくなります。
しかし、豆乳に含まれるエストロゲンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を摂取することで、妊娠中の不快な症状を抑えることができます。
ホルモンバランスが不安定な妊婦さんにとって、ホルモンバランスを整えてくれる「大豆イソフラボン」はとてもメリットが高いと言えるでしょう。

レシチン

血中の悪玉コレスロールを吸収してくれる働きを持っているレシチン。
レシチンを摂取すると血液が綺麗になり、血液の循環が良くなるので、お腹の中の赤ちゃんに栄養が送りやすくなります。

サポニン

サポニンは、妊婦さんにたまりやすい脂肪を吸収してくれる働きがあります。
脂肪が溜まりすぎると、出産の際に産道がふさがってしまうかもしれません。
難産になりやすくなる、基礎代謝が悪くなる、便秘がちな体質になるなどのたくさんの悪影響が出てしまうかもしれないため、妊婦さんには必要な栄養分です。

妊婦さんにオススメの豆乳の摂取の仕方は?

豆乳の選び方

まず、妊婦さんが豆乳から「大豆イソフラボン」を摂取する場合には、豆乳の選び方に注意が必要です。
豆乳には無調整豆乳と調製豆乳の2種類があります。
調製豆乳は、飲みやすくするために砂糖などが多く含まれているため、カロリーや糖分を摂りすぎてしまう場合もあります。
無調整豆乳はいくつかある豆乳飲料の中でも、最も栄養価が豊富だと言われていますので、できるだけ無調整豆乳を選ぶようにしましょう。
また、もともと豆乳が好きでない方、普段からあまり大豆製品を食べない方には、豆乳を温めて飲んだり、スープなど料理に使用したり工夫してみると良いですね。
豆乳自体にしっかりとコクがあるため、料理に使うことで塩分を減らすことができます。

豆乳を飲むタイミングは?

豆乳を飲む場合、基本的にはいつでも良いのですが、栄養を効率よく吸収しやすいのは、朝起きた時と、夜寝る前だと言われています。
そのため、そのタイミングに飲むのがオススメです。

妊婦さんの食事に栄養補助食品をプラスしてみましょう

妊婦さんに良いと言われる食材はたくさんあります。
しかし、いくら良いからと言ってもそればかり食べていたら過剰摂取になってしまいます。
過剰摂取は逆に悪影響を及ぼす可能性も出てきます。
どんなものでもバランスよく食べるのが一番体に良いといえますね。
つわり中は、偏った食生活になりがち。また、妊婦さんは妊娠前と味覚が異なり、食べられなくなる食べ物もあります。
妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのためにもできるだけ、バランスの良い食事をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな妊婦さんにオススメなのが、「マタニティスープ」。
妊娠中の「欲しかった」をママたちと産婦人科医・栄養管理士が形にした「マタニティスープ」。
マタニティライフを美味しくサポートしてくれる栄養補助食品を上手に利用してみてはいかがですか。
「野菜不足かな、何か一品追加したいな、ちょっとお腹が空いたな・・・」そんな時におすすめなのがマタニティスープなんです。

まとめ

送料無料のお得なセットをまずお試しください!

マタニティスープには4種類の味があります。
「ほうれん草とジャガイモのポタージュ」
おなかの赤ちゃんの成長に必要な「葉酸」「鉄分」を補給します。
「とうもろこしと豆乳のポタージュ」
お腹の赤ちゃんの成長に必要な「たんぱく質」を補給します。
「生姜トマトスープ」
女性にとって大切な「ビタミン」を補給します。
「ガゴメ昆布入り海藻スープ」
不足しがちな「カルシウム」などのミネラルを補給します。

4種類の味があるので、毎日飽きずに飲むことができます。
また、粉末のスープの素にお湯を注ぐだけなので、つわり等で食欲がないママさんも簡単に作ることができます。

マタニティスープは安心安全にこだわって作られていて、安心の5大無添加。
また、どのスープにも葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンDが含まれているので、赤ちゃんに大切な栄養素が簡単に摂取できます。
お腹の赤ちゃんと妊婦さんの健康的な食生活のために、1日1杯のマタニティスープを取り入れて、マタニティライフを美味しくサポートしてみませんか?

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

ゆき

Mama writer/元看護師
2人の男の子のママで、現在第3子妊娠中。毎日家事育児に奮闘しながら、次男出産後に取得したアロマやデコパージュのレッスンの講師をしています。自分の経験を元に皆様に役立つ記事を書いていきたいと思います。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事