知っておきたい妊娠3ヶ月目のコト|体調と気持ちの変動が大きい時期

知っておきたい妊娠3ヶ月目のコト|体調と気持ちの変動が大きい時期

妊娠3ヶ月目(8〜11週目)は、体調と気持ちの変動が大きい時期であり、お腹にも変化が現れる頃でもあります。
今回は、妊娠3ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と、チェックしておきたい体調と生活習慣のポイントをお伝えします。

妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

af6e8a3ddb9f7b863bf44aeab356cbaa_s

3ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは約10〜60mm、体重も10g程度まで成長します。
腎臓が働き始め、胴体や手足も発達して、2頭身から3頭身になります。

3ヶ月目のママの体の変化

5週目頃からつわりの症状が出始め、8〜11週にかけてつわりの酷さがピークになります。
ムカムカして気持ち悪さが続いたり、ご飯が思うように食べられなかったりします。
一番つらい時期かもしれませんが、必ず終わりがくると信じて乗り切ってください。

お腹に変化が現れる人も

11週頃になると、足の付け根あたりが痛んだり、肌荒れ、頻尿、便秘に悩まされるママが増えてきます。
トイレを我慢すると膀胱炎になることもあるので、恥ずかしがらずにトイレに行くようにしましょう。

痩せている人は、そろそろ体に変化が現れる頃でもあります。
ウエストが太くなったり、お腹がポッコリしたり、体型に変化が生じはじめます。
マタニティウェアを慌てて買うことはありませんが、下腹部を圧迫しない服を選ぶようにしましょう。

体調と気持ちの変動が大きくなります

この時期は妊娠・出産に対する緊張や不安などから、肩こりになる場合もあります。
これは、大きくなった乳房を支えていることも原因のひとつでもあります。
ストレッチをしたり、ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスをしましょう。

さらに、妊娠をきっかけに母親になることの不安や、ホルモンバランスの変化の影響で、気分が沈んだり、興味が失せる、くよくよ悩むなどの軽い憂うつ感を感じることもあるかもしれません。
ですが、時間がたてば解消することがほとんどです。
不安を素直に話したり、自分なりのリラックス法で乗り越えていってください。

仕事中はつわりがおさまる?

つわりの影響で体調が揺れ動きやすく、気持ちもブルーになりやすい時期です。
あまりにも体調がひどいと赤ちゃんへの影響も心配になりますが、食べたものの20%は、食後10分くらいで吸収されているため、わずかな量でも食べることができれば赤ちゃんは大丈夫です。

仕事中に嘔吐しないか心配する人もいるかと思います。
ですが、嘔吐には副交感神経が関係していて、吐き気を感じやすいのは家にいるときや夜中などの気分が緩んだときです。
仕事中は緊張をしているため交感神経が優位になり、吐き気を抑えてくれるのです。

知っておきたい「つわり」のこと

Woman having stomach pain

つわりは妊娠5〜6週からはじまり、12〜16週頃にはおさまります。
原因ははっきりとはわかってはいませんが、時期や症状なども個人差が大きく、食べ物のにおいや、タバコの煙、乗り物のにおいなど人それぞれです。
症状も嘔吐、胃がムカムカして唾液が多く出る、息苦しくなる、においに敏感になる、食べ物の好みが変わるなど様々です。
においが気になるときには、食べ物を冷やしてから食べるのもひとつの方法です。

つわりは英語では「morning sickness」と言って、空腹のとき、朝起きたときに症状が出やすいので、起床時に軽い物を食べられるようにバナナやクラッカーなどを置いておく方法も良いです。
酸味のある柑橘類やトマト、酢の物、ヨーグルトなどもつわりの時はオススメです。

酸が出て歯が溶けやすくなるので、口腔ケアも忘れずにしてください。

つわり中にはまったもの、ダメだったもの

はまった食べもの

ポテトフライ
トマト
炭酸飲料
スイカ
サンドイッチ
りんご
梅干し

嫌いになった食べもの

ご飯
ニンニクなどの薬味
コーヒー
甘いもの全般
味噌汁
刺身
焼き肉
揚げもの

苦手になったもの・におい・場所

玉ねぎ
トイレ
ニンニクを炒めるにおい
加齢臭
自分の家
生鮮売り場
満員電車

つわりで食べられなくても赤ちゃんは大丈夫?

2015_12_180085

赤ちゃんもまだ小さくて、ママがそれまでに蓄えていた栄養で十分育っていくことができます。
固形物が受け付けないときは、液体でも氷でも良いので、食べられるものを摂りましょう。

こんなときオススメなのは、マタニティスープです。
スープ1杯で、ママと赤ちゃんに大切な栄養素をしっかりとることができます。

嘔吐が激しいときはどうしたらいい?

水分が不足しますので、少しずつでよいので水分補給を心がけてください。
あまりに症状がひどく吐き続ける場合は、医師に相談しましょう。

※つわりのときには何を食べる?
つわりでお悩みの妊婦さんは『つわりで食べられない人必見!妊娠中でも食べやすいもの5選』を参考にしてみて下さい!

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

妊娠と判断されたら、母子健康手帳をもらいましょう!

boshi_kenkou_techou

母子健康手帳って?

母子健康手帳は、妊娠中の経過や出産の状態、産後の子どもの検診データや予防接種など、妊娠中から子どもが就学するまでの大切な記録を残すためのものです。
妊娠中は妊娠の経過を医師に記入してもらうので、定期検診には必ず持っていきましょう。
出産後は赤ちゃんの成長や検診結果、予防接種の記録などを記入します。
そのほかの外出時にも緊急に備えて、常時携帯が基本です。

子どもが小学校に上がるまで、長い期間使う母子健康手帳です。
お気に入りケースにいれて大切に保管しましょう。

どこでもらえるの?

母子健康手帳は自分が住んでいる(住民票がある)市町村からもらえます。
「妊娠届」に記入して指定の窓口(市区町村の役所や、保健センターなど)に提出します。

市区町村によっては妊娠の証明書が必要なことがあるので、母子健康手帳をもらいに行く前にどこで手続きをするのか、何が必要か問い合わせてから行くと確実です。

いつごろもらえばいいの?

赤ちゃんの頭からお尻までの長さである頭殿長(CRL)が2センチくらいのときが目安です。
妊娠3ヶ月目に産婦人科の医師からもらうように言われることが一般的です。

まとめ

体妊娠3ヶ月目は体調面・精神面での変化、母子健康手帳の交付手続きなどで妊娠を実感する時期です。
食事は無理することなく、つわりがおさまるまではストレスがかからないように食べられるものを優先し、妊娠生活への心の準備としていきましょう。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
4歳と1歳の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事