知っておきたい妊娠5ヶ月目のコト|マイナートラブルにご注意!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
知っておきたい妊娠5ヶ月目のコト|マイナートラブルにご注意!

妊娠5ヶ月目(16〜19週目)は、つわりがおさまり始めてお腹のふくらみも分かるようになり、だんだんとママになるという実感が沸いてくる時期です。
それと同時に、大きくなってきたお腹やホルモンバランスの変化などにより、トラブルも多くなってきます。
今回は、妊娠5ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と、妊娠中期に気をつけたいマイナートラブルについてお伝えします。

妊娠5ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

02

5ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは、身長が約10〜15cm、体重が約80〜250gです。
内臓が成熟しはじめ、性別も分かるようになります。

5ヶ月目のママの体の変化

妊娠15週目にはほぼ胎盤が完成し、いわゆる安定期に入ります。
今まで我慢していた遠出や旅行、運動もOKです。
ただし、一人だけの身体ではないので、無理はしないようにしましょう。

体重管理をはじめよう

a0fcd523512a0a2acc007dfc1c6777c6_s

5ヶ月目に入り、安定期に入ります。
バストやヒップが大きくなり、赤ちゃんの身体には皮下脂肪や筋肉がつきはじめます。
そのため、人目にも妊娠がわかりやすくなります。

この頃から、つわりがおさまり、運動も始められる時期なので、体重管理を意識していくようにしましょう。
妊娠後期になると週数における増加体重はほぼ決まっているため、この時期でのコントロールが大切になってきます。
妊娠16週目の体重が出生体重に比例するという研究報告もあるようです。
そのため、体重増加が少ない人は食事の量を増やして、適切な体重管理を心がけてください。

食べづわりなどで体重が増えすぎてしまった人は、栄養のある食生活はキープして、ウォーキングやマタニティフィットネスなどの有酸素運動を取り入れましょう。
食事ではカロリーを抑えてしっかり栄養を摂るためにも、マタニティスープはおすすめです。おやつや夜食代わりにもなりますし、個包装でお湯があれば食べられるため、持ち運びもしやすくなっています。
妊娠中は貧血や便秘などのトラブルになりやすいので、体重管理も兼ねて今までの食生活を見直すチャンスです。

胎動を感じる時期でもあります

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s

妊娠18週目を過ぎると、胎動に気づくことが多くなります。
赤ちゃんがグルンと回転する動きや、手足をバタバタさせているときにお腹にボコボコと手足が当たっている動き、身体をコチョコチョと伸ばしたりする動きなど、胎動といってもさまざまです。
また、この時期は赤ちゃんの脳や五感が急速に発達する時期ですので、ママとパパでたくさん話しかけたり、お腹に触れたりしてコミュニケーションをとってみましょう。

妊婦さん特有のトラブルに悩まされる時期でもあります

ママの身体はいよいよ大きくなってきたお腹の影響で、便秘などのマイナートラブルに悩まされがちになります。
便秘が悪化すると痔になりやすくなり、多くの妊婦さんが妊娠中に痔を経験します。
水溶性・不溶性、2種類の食物繊維と良質なオイル、マグネシウムなどを意識して摂り、便秘対策を万全にすることが痔の予防にもつながります。

妊娠中の便秘にお悩みの方は『妊婦中の便秘解消に超効果的な栄養素とは?』もチェックしてみてください。

妊娠中期のマイナートラブル

03

お腹も少しずつ大きくなってくる妊娠中期。
大きくなってきたお腹や出産への不安、ホルモンバランスの変化などにより、初期とはまた違ったトラブルが起こります。

腰痛

大きくなったお腹が原因で身体のバランスが崩れ、腰痛になるやすくなります。
ストレッチや正しい姿勢を心がけること、ゆっくりお風呂に入るなど腰周りを温めることで痛みを緩和しましょう。
さらに、適度な運動も血液の循環を良くし、気分のリフレッシュにもつながるので、ぜひ実践してみてください

妊娠線

お腹やおっぱいが急に大きくなることで妊娠線ができやすくなります。
予防のためには、体重を急激に増やさないことが大事です。
また、保湿クリームでマッサージをすることで防げることもあります。

動機・息切れ

循環する血液量が増えたり、子宮が心臓や肺を圧迫することで、息が切れやすくなります。
移動や家事のときは、こまめに休むようにしましょう。

頭痛・肩こり

出産への不安やストレスで、頭痛や肩こりになることもあります。
肩周りのストレッチや湿布薬などで解消しましょう。

乳頭・乳輪の黒ずみ

妊娠するとホルモンの影響で、乳頭や乳輪が黒ずみますが、授乳時期が終われば元に戻ることがほとんどなので、あまり心配しすぎなくても大丈夫です。

肌トラブル

ホルモンバランスの影響で、肌トラブルが増えるのも妊娠中の悩みのもとです。
肌に良い栄養素は赤ちゃんにも良い栄養素なので、ビタミンをしっかり摂りましょう。
ただし、サプリメントによるビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンの過剰摂取には気をつけてください。
頭痛、吐き気、貧血、皮膚のあれ、関節痛、肝臓肥大、食欲喪失、腎結石、血圧低下などのリスクが高くなります。

歯周病

妊娠を維持するために分泌される黄体ホルモンが歯周ポケットを深くして、歯周病になりやすくなります。
妊娠5ヶ月目になったら、歯周病のチェックをしましょう。

妊娠中の歯周病は早産・低出生体重児出産のリスクが高まる可能性があると言われています。
中期以降は特に口腔ケアにも気をつけましょう。
こまめな歯磨きやうがいをすることで、口の中をいつも清潔に保つことが予防につながります。

体内の水分量の増加や子宮の重みで肛門が圧迫され、血流が悪くなることでうっ血しやすくなります。
妊婦さんに多いのは肛門の外側にできる「外痔核」のほか、排便の際に肛門が切れて出血する「切れ痔」の2種類があります。

妊娠糖尿病には要注意!

4b2eeca4504060076df3fd9ac945ac1c_s

妊娠中はホルモンバランスが崩れて、妊娠糖尿病になる妊婦さんは10人に1人もいます。
これにより、胎盤とへその緒を通じてどんどん「糖」が運ばれて、胎児が巨大児になることが多くなります。
さらに、出産後に突然母体からの糖分供給が止まってしまうことで、低血糖を起こしやすくなります。

妊娠糖尿病のリスク

母体

妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、肩甲難産など

胎児

流産、奇形、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、呼吸障害、胎児死亡など

こうした事態を防ぐためにも、妊娠糖尿病では医師の指導のもと、食後血糖値の測定・記録が産後1ヶ月まで続くことになります。
また、血糖コントロールのためには、食事の回数を4回〜6回に分けて食べることで、血糖値を上がりにくくするという方法もあります。

食事で血糖値をコントロールする方法については『妊婦と赤ちゃんの健康のため!血糖値コントロールを始めよう』を参考にしてください。

妊娠糖尿病になった人は産後に治っていても、将来の糖尿病リスクが妊娠糖尿病にならなかった人よりも約7倍も高いので、産後の食生活もとても大事になってきます。

血糖コントロールと低GIの食べ方を学ぶことが大切です。
低GIの食生活は血管壁を丈夫に保ち、産後もずっと役に立ちます。

低GIの食べ方とは?

低GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、炭水化物を食べたあとに、食後どれくらい血糖値が上がるかを指数化したものです。
精製された白米、食パン、麺類などの主食は血糖値を高めるので、未精製の炭水化物を選ぶようにしましょう。
また、炭水化物を食べる前に野菜や海藻など、食物繊維が多く含まれるものを食べるように食生活を改善してみましょう。
低GIの具体的な食生活については『妊娠糖尿病を予防しよう!原因と食生活について』を参考にしてください。

まとめ

妊娠5ヶ月目は、つわりもおさまり食欲も増えるため、食生活が乱れがちになります。
けれど、この時期の体重管理は大切です。
妊娠糖尿病やマイナートラブルを予防するためにも、食生活の管理も大事にしてください。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事