知っておきたい妊娠6ヶ月目のコト|胎動を感じる時期

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
知っておきたい妊娠6ヶ月目のコト|胎動を感じる時期

妊娠6ヶ月目(20〜23週目)は、お腹がどんどん大きくなり、赤ちゃんの胎動を感じるようになります。
けれど、お腹の張りや寝るのもつらくなってくるなど、身体の不調も増えてくる時期でもあります。
今回は、妊娠6ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と、気をつけておきたいことについてお伝えします。

妊娠6ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

6ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは、身長が約21〜30cm、体重が約250〜650gです。
このころから光を感じる感覚が発達し、明るさや暗さを感じ取れるようになります。

6ヶ月目のママの体の変化

妊娠20週目には、ほとんどの人が胎動を感じるようになります。
お腹も少しずつ大きくなってきますので、腰痛対策で妊婦専用の骨盤ベルトやガードルなどをつけはじめてみてください。
洋服も締め付けないものを意識し始めましょう。

お腹の膨らみが目立つ時期です

c341f31c4f970970ce4dd9b6204e79cc_s

お腹もどんどん大きくなってきて、仰向けに寝るのもつらくなってくる時期です。
体内の血液量も増えて、大きくなった心臓や肺が圧迫されることから、動悸や息切れが起こりやすくなります。
また、乳腺の発達により、乳首から乳汁が出ることもあります。

転倒に注意して

足元が見えにくくなることから転倒にも注意が必要な時期です。
外出の時だけでなく、家の中でも重たい荷物を持ったり、無理な姿勢を長く続けることは避けましょう。

とくにお腹が張る時があるかもしれません。
横になったり、安静にして治るようであれば問題はありませんが、出血や強い痛みを伴うような場合はすぐに受診しましょう。

こんな家事にも注意して

布団の上げ下げ

布団の上げ下ろしや布団を持っての移動は腰への負担が大きいため、できればパパにお願いしましょう。
もし自分でやるときは、ゆっくりと上げ下ろしをすることがポイントです。

掃除

お風呂掃除などの滑りやすい掃除や、力が必要な掃除にも注意しましょう。
床拭き掃除は股関節が柔らかくなるため、おすすめです。

栄養バランスに気をつけて

ab9b8c555d4ccfda7f2841b9b788b9b0_s

妊娠6ヶ月頃になると妊娠生活にも慣れて、楽しむ余裕が出てきたのではないでしょうか。
いろいろ制限のある妊娠中の食事も、どういったものを積極的にとるべきか、調理方法なども慣れてきた頃でしょう。
この時期の赤ちゃんの身体は、末端まで筋肉がついてきますので、身体を作る材料であるたんぱく質がますます必要となります。
また、ママもたんぱく質不足は、足のむくみやこむら返りの原因にもなります。
肉や魚、大豆からバランス良くたんぱく質を摂るようにしましょう。
ですが、塩分の摂りすぎには注意してください。

ミネラルバランスにも気をつけて

妊娠後期に向けて、赤ちゃんに血液を通して鉄分も送られるため、今まで貧血になったことがない人も鉄分不足に気をつけてください。
また、骨もますます育つ時期です。
妊娠中はカルシウムが1.5倍も必要になるため、バランスを考えてミネラルは全体的に不足にならないよう食事量を増やしていきましょう。
ただし、塩分やカロリーの過剰摂取をしやすい時期でもあります。
調理では、出汁や薬味を使うことで塩分を控えめにし、自宅で使うお塩は、カルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウムの4大ミネラルのバランスが良い『海の塩』がおすすめです。

食事で栄養バランスを補充したいママにおすすめ!

毎日バランスの良い食事を心がけたいと思いますが、身体の不調や忙しくて、毎日しっかり調理するのは大変です。
かえってそのことがストレスになることもあります。

そんな人にはマタニティスープがおすすめですよ。
いつもの食事に1日1杯のマタニティスープで、妊婦さんが1日に必要なビタミンやミネラルをしっかり補ってくれますし、乾燥スープなのでお湯で溶かすだけでお手軽です。
味も4種類あるため、飽きずに毎日続けることができます。

赤ちゃんが呼吸の練習をスタート!

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

妊娠6ヶ月頃には肺を除くとほとんどの内臓や脳細胞がそろい、赤ちゃんには外の音が聞こえています。
この時期の子宮の大きさはメロン1個ぐらいです。
呼吸器も発達し、羊水を飲み込み肺の中にためて吐き出す「呼吸様運動」がスタートします。
上下のまぶたが離れ、皮下脂肪が増えて顔立ちもはっきりしてくる時期でもあり、口をあーんと開けたり、まばたきも出来るようにもなります。
さらに23週目を迎えるころには五感もほぼ完成します。

体調が順調であれば、パパと2人の思い出作りに小旅行などにも行くのも良いでしょう。
旅行先の医療機関は必ずチェックして、寒い時期であればしっかり防寒対策をして出かけるようにしましょう。

下半身にコブができる?

1bae5f3369be33375863cc98094e63a2_s

下肢静脈瘤のリスク

6ヶ月に入ると、下半身の静脈にこぶしのような静脈瘤ができることもあります。
これは、静脈の中にある血液の逆流を防ぐための弁が機能しなくなって生じるものです。
1人目よりも2人目、3人目というように妊娠・出産の回数が増えるほど下肢静脈瘤になる確率が高くなってきます。

ミネラル不足に注意

下半身への負担が増えることで、足をつることが増えてきます。
筋肉を収縮するミネラルであるカルシウムやマグネシウムの不足には注意してください。

妊娠中に足がつる、こむら返りにお悩みの人は『妊娠中の便秘ケア・早産予防に!ミネラルの王様【マグネシウム】』を参考にしてください。

お腹の赤ちゃんを守る羊水とは?

b3adb4483f00b23330db00324fb2abdc_s

胎児は羊水の中で浮遊して成長していきます。
羊水は透明な弱アルカリ性の液体で、妊娠の進行とともに量が増え続け、妊娠32週頃にピークを迎えます。
後期では徐々に減少し、妊娠末期になると500ml以下に減ります。

羊水は絶えず入れ替わっていて、産生と吸収を繰り返しています。
約80%が赤ちゃんの尿由来で、20%が卵膜と胎盤からの分泌といわれています。

羊水の役割は?

赤ちゃんの体を守ります

羊水は外界からの衝撃からお腹の赤ちゃんを守ると同時に、赤ちゃんがのびのびと動きやすくすることで手足の発育を促しており、さらに出産の際に産道を胎児が通りやすくするための潤滑油の役目もします。
また、外気温や母体の温度が直接影響を及ぼすことがないように、体温を一定範囲内に保つ働きもあります。

保湿効果もあります

羊水にはお腹の赤ちゃんの発達を促す物質が含まれているだけでなく、強力な保湿作用のあるヒアルロン酸が豊富に含まれていて、肌の潤いを保ってくれています。

殺菌効果もあります

羊水には抗菌物質であるラクトフェリンやリゾチームが含まれていて、赤ちゃんの細菌感染を防いでいます。

羊水の量に注意!

羊水過多とは?

羊水量が800mlを超えた場合を、『羊水過多』といいます。
羊水が多すぎるということは、赤ちゃんが羊水を飲んで吸収する量よりも、尿として出す量が上回っている、あるいは赤ちゃんの吸収する量が低下している状態であり、原因解明が必要です。
この場合、消化器系や脳神経系の異常なども考えられます。
「お腹がしょっちゅう張る」「呼吸が苦しい」「足のむくみがひどい」などといった症状を伴う場合には、切迫流早産の可能性があるので注意が必要です。

羊水過少とは?

羊水量が100ml以下の場合を、『羊水過少』といいます。
羊水過少の原因の約半分は、37週目未満に起きる前期破水によるものです。
羊水量が少ないということは、赤ちゃんを守るクッションが減って、臍帯が圧迫されやすくなり、赤ちゃんにも負担がかかります。
また、破水の時期によっては吸い込む羊水が減って肺の発育がうまくいかなくなり、生死にも関わる重大な状態にもなります。
そのほかの原因としては、腎臓・尿路系の異常や、胎盤の機能低下などにより赤ちゃんが十分な尿(羊水)を産生できていないこともあります。

この時期、パパにできること

e3c713d1c775ba78d8e32d1cec269030_s

両親学級に参加しよう

出産する産院・病院、あるいは自治体主催の地域保健センターなどで開催される両親学級に積極的に参加しましょう。
妊娠生活の注意点、お産の流れ、産後の沐浴指導などのレクチャーを受けることができます。
また、妊婦ジャケットを体験することでママのお腹の重さも疑似体験できます。

名前を考え始めよう

出生届は出生日を含めて14日以内と決められています。
ギリギリになって悩まないように、今のうちから少しずつ考え始めましょう。

まとめ

妊娠初期と変わらず気を付けることも多くありますが、今の時期の赤ちゃんがどういう成長過程で、何が必要かが分かると、どうして気を付けるべきなのか納得できると思います。
妊娠生活に慣れてきた頃ですが、お腹の膨らみが目立ってくるため、食事や運動などに関して周りの人たちからも意識が向いてくることでしょう。
自分一人ではいろいろと大変になってきますので、抱え込まずにぜひ周りの方の協力ももらいながら、これから臨月までの生活をもっと楽しめるように工夫していきましょう。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事