知っておきたい妊娠7ヶ月目のコト|早産予防のためにも無理は禁物!

知っておきたい妊娠7ヶ月目のコト|早産予防のためにも無理は禁物!

妊娠7ヶ月目(24〜27週目)は、体重管理やマイナートラブルなどに悩まされ、戸惑いを覚えるママもいるかもしれません。
また、ママの体も赤ちゃんも出産に向けた準備が始まるので、体の変化に注意が必要になってきます。
とくに、早産は赤ちゃんにも母体にも何かしらのリスクがともなう可能性があります。
今回は、妊娠7ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と早産について、さらには気をつけたい食生活、オススメレシピについてお伝えします。

妊娠7ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

7ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは、身長が約32〜38cm、体重が約550〜1,200gです。
鼻の穴が開きはじめ、肺呼吸の練習をするようにもなっています。

7ヶ月目のママの体の変化

妊娠7ヶ月目頃には子宮が大きくなり、体重が増加することでお腹や太ももに妊娠線ができやすくなります。
妊娠線はできてしまったら完全には元に戻らないとも言われていますので、妊婦さんにとってはどうしても防ぎたいですよね。
妊娠線予防のクリームやジェルなどでマッサージすることを忘れずにするようにしましょう。
妊娠線については『妊娠線が消える?!妊娠中からやっておきたい5つのケア』の記事を参考にしてください。

妊娠中に無理は禁物!7ヶ月目に注意したいことは?

血糖値の検査を受けよう

妊娠7ヶ月頃には血糖値の検査を受けます。
妊娠中は胎盤からのホルモンの影響で、血糖値が高くなりやすくなるからです。
血糖値が高くなると早産や妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などの病気のリスクが高くなることもあります。
これらの予防のためにも、軽い運動をすることや栄養バランスのとれた食事を摂ること、食べ過ぎないことが大切になってきます。

感染症にも注意

この頃になると子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されて頻尿になりやすくもなります。
トイレが近くなるだけではなく、おしっこの際に痛みがあったり、おしっこが嫌なにおいになることもあります。
そのときは、尿路感染症の可能性もありますので、必ず医師に相談してください。

妊娠線をしっかりケア

この時期には急激にお腹が大きくなるにつれ、皮膚が伸びて皮下組織が断絶し、妊娠線ができやすくもなります。
妊娠線はできてしまったら完全には元に戻らないので、今のうちからしっかりケアを始めましょう。
特に乾燥する時期は妊娠線予防のクリームやジェルでしっかり保湿をしておきましょう。

歯周病の予防をしよう

ホルモンバランスの変化によって、妊娠中は口内環境が悪くなりがちです。
なかには歯茎の腫れや出血を起こす人もいます。
そのままにしておくと、早産のリスクにもなる歯周病が進行してしまうことになるので、しっかり口腔ケアと定期的に歯医者さんに診てもらうようにしましょう。
妊娠中の口腔ケアについては『妊娠の準備に歯医者?!妊婦が虫歯になりやい理由とは?』の記事を参考にしてください。

早産にも注意!

妊娠22週から37週未満の時期に赤ちゃんが生まれることを「早産」といいます。
また、早産の可能性が高まっている状態を「切迫早産」といいます。
実は、日本では約5%の人が早産で生まれてくることがわかっているのです。

早産の場合、赤ちゃんの体重は約2,500g以下が多く、まだ未熟な状態で生まれてきてしまいます。
そのため、発達の遅れや学習障害などのリスクが高まってしまいます。
早産を早い段階で気づくためにも、お腹の張りや痛み、月経2ヶ月目くらいの出血、下腹部痛、腰痛があるときは、すぐに医師に相談するようにしましょう。

早産の原因は様々ですが、主な原因としてあげられるものは子宮筋腫、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、子宮頸管無力症などの病気があります。
病気以外では、ストレスや感染症、さらには痩せ型の女性がなりやすいとも言われています。
また、マグネシウムや亜鉛などの栄養素も関係してきますので、妊娠中は食生活に気をつけましょう。

早産予防のためにできること

① お腹に力を入れない
② 身体を冷やさない
③ 長時間の仕事をしない
④ 激しい動きをしない
⑤ ストレスを溜めすぎない
⑥ 激しいセックスをしない
⑦ ミネラル不足に気をつける

赤ちゃんの骨の発達に!カルシウム足りてる?!

骨は人間の身体を支える役割と、大事な部分を保護する役割の2つがあります。
では、赤ちゃんの骨はいつ頃から、どのように作られているのでしょうか?

最初は、脳や脊髄などの生命の維持に大事な部分を守るための骨、頭蓋骨と背骨が作られていきます。
3ヶ月目ごろには、エコー写真でもはっきりと見えるようになります。
次に、4ヶ月目ごろには腕や脚の骨ができはじめます。
胎児の成長と発達を調べる際は、これらの頭部、腹部、大腿骨の長さを計測することでわかります。

受精卵の細分化の過程で骨になる部分がプログラムされています。
赤ちゃんの誕生までに300個の骨が作られますが、胎児の骨の発達は、ママの栄養、運動、日光浴の影響を大きく受けます。
そのため、妊娠中の食事や生活習慣は胎児の健康的な発育にとても大切になってくるのです。

また、乳児の骨もまだまだ発展途上で、骨がどんどん伸び、それにともなって身長も伸びます。
骨の発達は骨格や体格を決める大きな要因となります。
幼児期や小児期の栄養、運動、日光浴は生涯の骨の健康づくりの基盤と言える大事な時期でもあります。

骨の発達に必要な栄養素は?

骨の土台となる栄養素はたんぱく質ですが、ほかにもカルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどが重要になってきます。
小魚、納豆、海藻、緑黄色野菜、ヨーグルトなどを意識して、いつもの食事にプラスするようにしましょう。

ビタミンDは食事で摂るだけではなく、日光を浴びることで体内で作られるため「日光のビタミン」とも呼ばれています。
そのため、晴れた日には、1日15〜30分の日光浴を心がけましょう。
とくに、骨が育つ妊娠中期〜後期が冬場にあたるときは、日光浴が大事になってきます。
ビタミンDについては『赤ちゃんに大切なビタミンD!ポイントは食事+日光浴!』の記事を参考にしてください。

骨を丈夫にするために必要なことは?

骨の健康には栄養のある食事だけでなく、適度な運動、日光浴、規則正しいライフスタイルが必要です。
適度な運動とは、ウォーキングや軽いエクササイズのようなものでも大丈夫です。
古いカルシウムを体外に出して、新しいカルシウムを骨に吸着させる「カルシウム代謝」を起こすためにも、運動は大事になってきます。

妊娠期のお役立ちレシピ!

ここでは、妊娠7ヶ月目に食べておきたい、赤ちゃんの骨を育てる食事レシピをご紹介します。

鮭と野菜の蒸し煮

ビタミンDが豊富な鮭+日光浴で丈夫な骨づくりをするレシピです。

◯材料(2人分)
鮭 2切れ、もやし 1袋、キャベツ 4枚、ニンジン 1/6本、ほうれん草 4把、生姜すりおろし 1かけ、酒 100cc、水 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、塩 少々、大根おろし 4cm分

◯作り方
1. 鮭は塩を振りしばらく落ちておきます。キャベツ、ほうれん草はざく切り、ニンジンは短冊切りにします。
2. ほうろう鍋に、もやし、キャベツ、ニンジン、ほうれん草、生姜、鮭の順番に重ねて、酒と水を加え、フタをして弱火で蒸し煮にします。
3. 鮭に火が通ったら、しょうゆを加え、軽く一煮立ちしたら火を止めます。
4. 皿に盛り付けて、大根おろしを添えたら完成です!

青菜と高野豆腐のふりかけ

高野豆腐でカルシウムとビタミンDが一緒に摂れる簡単レシピです。

◯材料(10人分)
ダイエットこうや(粉末タイプ) 24g、ちりめんじゃこ 30g、小松菜など季節の青菜 40g、青じそ 5枚、いりごま(白) 大さじ2、ごま油 大さじ2
〈A〉しょうゆ 大さじ2、みりん 大さじ1、水 大さじ3
※通常の高野豆腐でもOK

◯作り方
1. 青菜はみじん切り、青じそは千切りにします。通常の高野豆腐を使うときは、水で戻しフードプロセッサーにかけます。
2. フライパンにごま油を中火で熱し、ちりめんじゃこ、青菜、高野豆腐の順に加え、〈A〉を加えます。
3. 弱火にして全体をよく混ぜながら4〜5分炒り煮にして、パラパラになったら炒りごまを入れて完成です!

刻み昆布と鶏肉の含め煮

干し椎茸を加えてビタミンDたっぷりのレシピです。

◯材料(2人分)
刻み昆布 20g、鶏むね肉 30g、ニンジン 1/3本、絹さや 5枚、干し椎茸 1枚、ごま油 大さじ1/2
〈A〉干し椎茸の戻し汁 100cc、きび砂糖 大さじ1、しょうゆ 大さじ1、酒 大さじ1、みりん 大さじ1

◯作り方
1. 刻み昆布は、水に1〜2分浸してから水洗いし、水を切ります。鶏むね肉は細めに切り、椎茸、ニンジンは5mm幅の細切り、絹さやは筋を取って斜めに2等分します。
2. 鍋にごま油を熱して、鶏むね肉を炒めます。ニンジン、刻み昆布、椎茸を加えて、中火で炒めます。
3. 2に〈A〉を加えて、汁がなくなるまで煮たら完成です!

ちんげん菜とあさりのスープ

カラフル野菜を組み合わせることでカルシウムアップのスープです。

◯材料(2人分)
あさり(殻付き) 80g、ちんげん菜 1株、にんにく 1かけ、ニンジン 30g、油 少々
〈スープ〉水 2カップ、塩 2g、砂糖 小さじ1、薄口しょうゆ 小さじ2、ごま油 大さじ1

◯作り方
1. ニンニクのみじん切りを油で炒めて、香りを出します。
2. あさりを炒めて旨味を出したところで〈スープ〉を加えます。
3. 千切りしたニンジンとちんげん菜の茎の部分を入れてしばらく煮ます。最後に残りの葉の部分を入れたら完成です!

※ 参考文献:LUVTELLI BABYBOOK,THE SECOND EDITION

カルシウムの他にも鉄分やビタミンもしっかり摂りたい、ちょっと料理が手間だけどもう1品加えたいというときはマタニティスープもオススメですよ。

妊娠中の「おやつ」どうしてる?

妊娠中期を過ぎるとつわりもおさまり、食欲もでてきます。
赤ちゃんの身体をつくるのに必要なのはエネルギーだけではなく、たんぱく質や、脳の発育にも欠かせない良質な脂質(DHAやEPA)です。
他にもビタミンやミネラルも必要になってきます。
いつもの食事では足りていないこれらの栄養素を補うためにも、おやつ(=間食=捕食)が大切になってきます。

では、妊婦さんは実際にどんなおやつを食べているのでしょうか?
おやつで食べられているものTOP8をご紹介します。

・ ショートケーキ
・ チーズケーキ
・ どら焼き
・ ポテトチップス
・ チョコレート
・ アイスクリーム
・ オレンジジュース
・ サイダー

実は、これらのおやつで中心になっている栄養素は炭水化物なのです。
精製された白砂糖は血糖値の急上昇を引き起こし、妊娠糖尿病のリスクを高めてしまいます。
そのため、白砂糖を使ったおやつの食べ過ぎは注意が必要です。
できるだけ、たんぱく質が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。
例えば、おからクッキー、ナッツ類、ヨーグルトなどが良いのですが、どうしても甘いものがどうしても食べたいなら、小倉最中がオススメですよ。

また、生クリームやショートニングを使った洋菓子やポテトチップスなどは、トランス脂肪酸や酸化した油を多く含みます。
このような油は赤ちゃんの脳に良い影響を与えず、アレルギーの原因とも言われています。
ショートケーキやポテトチップスなどは、妊娠中はできるだけ避けたいおやつと覚えておいてください。

妊婦さんのオススメおやつについては『安心でヘルシー!妊婦さんのオススメのおやつ』の記事を参考にしてください。

まとめ

妊娠7ヶ月は体調が安定していて、まだお腹も小さい時期です。
出産すると子育てが忙しくて、なかなか自分の時間がなくなってしまうため、
そうなる前に「旅行に行きたい!」と思う妊婦さんもいることでことしょう。
そんな方にとって、この時期は旅行に行くいいタイミングです。
マタニティプランのあるホテルや温泉を探して、体調を見ながら旅行を楽しむのもオススメですよ。
妊娠中の旅行の注意点については『妊娠中の旅行で「気をつけること」と「おすすめの楽しみ方」』の記事を参考にしてください。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事