知っておきたい妊娠8ヶ月目のコト|つらい便秘を解消しよう!

知っておきたい妊娠8ヶ月目のコト|つらい便秘を解消しよう!

妊娠8ヶ月目(28〜31週目)頃になると、お腹の赤ちゃんもどんどん成長していくため、胃・心臓・肺を圧迫して動悸・息切れ・胃もたれのような症状に悩まされるようになります。
また、お腹が張る回数が増えてきます。
でもこれらは、出産に向けた準備が始まっている証拠です。
今回は、妊娠8ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と、便秘などのマイナートラブル、気をつけたい食生活にオススメのレシピなどについてお伝えします。

妊娠8ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

8ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは、身長が約40〜43cm、体重が約1,000〜1,900gです。
皮下脂肪もかなりついてきて、見た目はほとんど新生児と変わらないくらい成長します。

8ヶ月目のママの体の変化

赤ちゃんの分までと思って2人分食べていると太りすぎてしまうことも。
妊娠高血圧症候群になると赤ちゃんの発育を妨げたり、早産の可能性も高まります。
しっかり食事を管理して、必要以上に体重を増やさないように心がけましょう。

妊娠中に無理は禁物!8ヶ月目に注意したいことは?

お腹が張りやすくなります

妊娠後期(8ヶ月以降)に入ると、お腹が大きくなり張りやすくなります。
さらに、大きくなった子宮が胃・心臓・肺を圧迫して、胃もたれのような症状や動悸・息切れ・頻尿などの症状にも悩まされることもあります。
また、お腹を支える反動で姿勢が変わり背中が痛くなり、腰痛に悩まされることも多くなります。

お腹の赤ちゃんは新生児に近い状態まで成長しているため、胎動はますます活発になってきます。
元気なサインは嬉しいことなのですが、夜の活発な胎動でママの睡眠は浅くなりがちになります。
そのため、日中に眠気を感じることが多くなるので、無理せずに休むようにしましょう。
里帰り出産を予定している人は、そろそろ帰省に向けて準備を進めるのもいいかもしれません。

8ヶ月目後半は胎動を感じることが少なくなります

妊娠30週になると胎動を感じることがだんだんと少なくなってきます。
それは、今までは羊水の中で活発に動いていた赤ちゃんが、徐々に頭を下に向けた姿勢(頭位)に落ち着いてくるからです。
もし超音波検査で逆子とわかったら、安産のためにも逆子体操をしてみましょう。
逆子に関しては、後ほど詳しくお伝えします。

子宮の中は無菌状態ですが、生まれた後の外の世界はそうではありません。
そのため、この時期にはママから免疫成分を受け取り始めます。
生後約6ヶ月は赤ちゃん自身の免疫体系がまだできていないため、このママからもらった免疫成分が赤ちゃんも守ってくれるのです。

おりものの量が増える?

妊娠8ヶ月頃になるとホルモンバランスの変化によって、おりものの量が多くなることがあります。
また、妊娠中は体力が落ちやすくなるため免疫力が低下し、カンジダ膣炎にかかりやすくなります。
おりものが通常の状態ではなく、チーズのようにボロボロとした状態だったり、外陰部にかゆみや痛みがある場合はカンジダ膣炎かもしれません。
原因は決して不潔にしていたからではありませんので、症状が出たら恥ずかしがらずに医師に相談してみましょう。

甘いものの食べ過ぎには注意して!

妊娠8ヶ月(28週目)を境に、甘いものが苦手だった人もチョコレートやケーキなどを食べたくなることがよくあると言われています。
それは、お腹の赤ちゃんがブドウ糖を必要としているからのようです。
ですが、お菓子からブドウ糖を摂ろうとすると、カロリーも摂りすぎてしまいがちに。
甘いものへの誘惑に負けずに、ご飯や穀物などの炭水化物からブドウ糖を摂るようにしましょう。

妊婦さんがなりやすい便秘を予防しよう!

妊娠8ヶ月頃になると大きくなるお腹が腸を圧迫し、便秘に悩まされることが多くなります。
悪化すると痔になることも。
また、出産後の赤ちゃんも便秘になりますし、成長期の10%の子ども達も便秘になっているのです。
家族の健康を預かるママとしては、便秘予防の知識は身につけておきたいものですね。

子どものなりやすい便秘の予防とは?

便秘というと、食物繊維不足が有名です。
食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不水溶性食物繊維」がありますので、どちらもバランスよく摂る必要があります。(詳しくは『妊婦中の便秘解消に超効果的な栄養素とは?』へ)
ただし、必ずしも食物繊維不足だけが便秘の原因ではありません。
ミネラル(マグネシウム)と脂質の不足、腸内の善玉菌の状態も関係してくるのです。

マグネシウムは腸のぜん動運動をサポートするため、便秘薬として病院で処方せれるのが酸化マグネシウムです。
また、ぜん動運動によって固形になった便は、腸内に油膜をはることによって滑りが良くなり、排出されやすくなるため、良質な脂質も便秘予防には欠かせません。

妊娠中は血糖値対策も大切ですが、血糖値が上がりにくい甘味のひとつにオリゴ糖があります。
オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、腸内環境を整える強い味方です。
ヨーグルトや飲み物に混ぜると摂りやすいので、子どもにもオススメです。

便秘を予防する食事とは?

水分をしっかり摂ることと、水分を保持する水溶性食物繊維を摂ることが便秘を改善に効果的です。
発酵食品のかつお節、漬け物、みそ、納豆、ヨーグルトなどを摂ることも腸内細菌の状態を良くして、腸のぜん動運動の促進効果があるのでオススメです。

便秘を予防する生活習慣とは?

まずは朝食をしっかり食べることで、生活リズムをつかさどる「時計遺伝子」をONにします。
腸のぜん動運動は副交感神経が調整しているため、ストレスをためないようにすることが大切です。
また、妊娠期間中もある程度、散歩や軽い運動、ストレッチをすることも大切です。
妊婦さんもできるストレッチ方法は『運動不足の妊婦さん必読!4つのおすすめ簡単ストレッチ』を参考にしてください。

便秘薬は飲んで大丈夫?

どうしてもつらい場合は医師に相談して、薬を処方してもらいましょう。
処方される薬は酸化マグネシウムが多いため、日頃からマグネシウムの多い食品をプラスしてみてください。
例えば、ナッツ類、海藻、雑穀米、大豆製品、魚介類などがオススメです。(詳しくは『妊娠中の便秘ケア・早産予防に!ミネラルの王様【マグネシウム】』へ)

妊娠期のお役立ちレシピ!

ここでは、妊娠8ヶ月目に食べておきたい、便秘予防・解消のための食事レシピをご紹介します。

スンドゥブチゲ

たっぷりの野菜で食物繊維もしっかり摂れるレシピです。

◯材料(2人分)
木綿豆腐 1丁、あさり 10個、豚肉 100g、長ネギ 1/2本、キムチ 50g、ニラ 1束、卵 2個
〈A〉みそ 大さじ1、コチュジャン・酒 小さじ2、きび砂糖・おろしニンニク 小さじ1、塩 小さじ1/2、水 500cc

◯作り方
① 豆腐はキッチンペーパーで水気を切り、手で粗くちぎります。砂抜きしたあさりはよく洗い、長ネギは斜め切りに、ニラは5cmの長さに切ります。
② 鍋にごま油を熱し、豚肉を加えて色が変わるまで炒め、あさり、豆腐を加えて〈A〉を加えます。
③ ②に長ネギ、キムチ、ニラを加え、沸騰したら卵を割り入れ、フタをしてひと煮立ちさせて出来上がりです。

にんじんとレンコンのきんぴら

食物繊維たっぷりのきんぴらは常備菜としても最適です。

◯材料(2人分)
にんじん 1/2本、レンコン 1/2節、しょうが 1かけ、ごま油 少々、七味とうがらし 少々
〈A〉みりん・酒・しょうゆ 小さじ2

◯作り方
① にんじんは長細い乱切りに、レンコンは薄めの半月切りにして酢水にさらします。しょうがは千切りにしておきます。
② ごま油を熱してしょうがを香りよく炒め、にんじん、レンコンを炒め合わせます。
③ 油がまわったら〈A〉を加えて、汁気をとばしながら炒めて、七味とうがらしを振って出来上がりです。

アロエとキウイのヨーグルト

ヨーグルトの乳酸菌とアロエの食物繊維で腸内をスッキリさせるレシピです。

◯材料(2人分)
キウイ 1/2個、ヨーグルト 100g、アロエ 80g、ミントの葉 適量

◯作り方
① キウイは皮をむき、1cmの角切りにする。
② ボウルにヨーグルトとキウイ、アロエを加えてよく混ぜます。
③ 器に盛り、ミントを飾れば出来上がりです。

チンゲン菜の塩昆布

調味料は塩昆布のみのマグネシウム補給にはぴったりレシピです。

◯材料(2人分)
ちんげん菜 2株、にんじん 1/3本、塩昆布 適量

◯作り方
① ちんげん菜はザク切りに、にんじんは短冊切りにします。
② フライパンに少量の油をひき、にんじん、ちんげん菜を炒めます。
③ しっかり炒めあがったら、塩昆布を適量混ぜれば出来上がりです。

逆子でも大丈夫?!

お腹の中の赤ちゃんは、通常頭を下に向けて羊水の中に浮かんでいます。
この状態を「頭位(とうい)」といいます。

逆子は、頭位とは反対に頭を上にした状態のことを言います。
頭位であれば、身体の中で一番大きい頭から出てくるので、身体もスムーズに出てきます。
ですが、逆子の場合、足やお尻から出産するのは難しく、危険も多いため、帝王切開となることが通常です。

逆子体操って何?

逆子を直すためには、逆子体操があります。
代表的な逆子体操は「胸膝法(きょうしつほう)」「ブリッジ法」の2種類です。
どちらもお尻を高く上げて、頭の重い赤ちゃんがお腹の中で回りやすくなるようにします。

胸膝法(きょうしつほう)

両膝をついて胸を床に近づけ、10〜15分くらいを目安にお尻をできるだけ高く持ち上げます。
その後にそのまま横向きになって寝ます。

ブリッジ法

仰向けに寝て、腰の高さが30〜35cmくらいになるようにお尻の下に枕や布団をおきます。
この姿勢を1回10分、1日2回行ってください。

ただし、逆子体操により子宮の収縮が増えることで、切迫早産の症状が悪化する場合がありますので、逆子体操は必ず医師の指示のもとで行ってください。

まとめ


出産予定日まで3ヶ月を切りました。
赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるかなという不安も、徐々に大きくなってくると思います。
そんなときは赤ちゃんの胎動を感じて、元気なことを感じてみてください。
そして、お腹をさすりながら、赤ちゃんに話しかけてみてください。
きっと出産への不安も少しずつ和らいでいきますよ。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事