知っておきたい妊娠9ヶ月目のコト|赤ちゃんの脳を胎児から育む

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
知っておきたい妊娠9ヶ月目のコト|赤ちゃんの脳を胎児から育む

妊娠期間もあとわずか!
妊娠9ヶ月目(32〜35週目)は、出産に向けてラストスパートの時期です。
ですが、日に日にお腹が大きく重くなって、お腹の張りやむくみ、尿もれ、むくみ、股関節の痛みなどのマイナートラブルの悩みが増えて、早く解放されたいと考える人も多いと思います。
今回は、妊娠9ヶ月目のママと赤ちゃんの変化と、マイナートラブル、気をつけたい食生活にオススメのレシピなどについてお伝えします。

妊娠9ヶ月目の赤ちゃんの成長とママの体の変化

9ヶ月目の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは、身長が約43〜46cm、体重が約2,000〜2,700gです。
頭蓋骨以外の骨は硬く丈夫になってきます。
感情を顔で表現するようにもなってくるので、にっこり笑ったり、泣き顔になったり、眉間にシワを寄せたりと、様々な表情を見せてくれます。
皮膚や爪の色、性器まで、身体の重要な部分についても完成に近づきます。

9ヶ月目のママの体の変化

子宮がみぞおちあたりにくるほど大きくなってきます。
そのため、胃や腸が圧迫されて胃もたれや便秘、痔に悩まされることもあります。
適度な運動と野菜やフルーツ、水分をしっかり摂るように心がけてください。

お産までも少し!9ヶ月目に注意したいことは?

お産に向けて準備

妊娠9ヶ月には子宮が大きくなってくるため、1日に何度か不規則にお腹の張りがありますが、それは身体がお産に向けて準備を始めている証拠でもあります。
赤ちゃんが下がってきて、頭が骨盤に入ってくることで、足の付け根や恥骨あたりに痛みを感じることもあります。
ですが、お腹の赤ちゃんは新生児とほぼ同じ体型になってきたとはいえ、まだまだお腹にいてほしい時期でもあります。
必要以上にお腹に圧力をかけないように、注意してください。

また、ママもお産に向けて色々と準備を始めたい時期です。
万が一に備えて入院準備を進めておいたり、里帰り出産に人は34週目までには帰省しておくと安心ですよ。
さらに、お産に向けて身体の準備も始めておきましょう。
例えば、股関節を柔軟にし、骨盤底筋群を鍛えておくことも大切です。
お産にかかる時間は平均11〜17時間と長丁場で、乗り越えるには体力が必要です。
また、お産のときに大きく足を開脚するため、股関節の柔軟性を高めておくとあとが楽ですよ。
骨盤底筋を鍛えられる床の雑巾がけやスクワット、あぐらなど、無理のない範囲で始めてみてください。

外に出る準備をしています

妊娠9ヶ月には羊水の量がピークに達します。
そのあとは少しずつ羊水の量が減り、子宮の中に占める赤ちゃんの割合が増えていきます。

赤ちゃんには皮下脂肪がかなりついてきて、見た目はほとんど新生児の姿と変わりません。
また、脳の発達によって頭も大きくなりますが、身体はそれ以上に大きくなって、妊娠初期の頃は2頭身だった身体は今では4頭身まで成長します。
手足の爪も伸びて、透けていた肌はピンク色になり、髪の毛も濃くなってきます。
口から飲み込んだ羊水をおしっことして排泄し、おっぱいを飲む準備を進めています。

赤ちゃんは今、約2,500gほどです。
ここからさらに大きくなります。
ママと一緒に、赤ちゃんも外に出る準備を着実に始めているのです。

感情を顔で表現し始めます

感情表現も見られる時期で、超音波検査の際に微笑んでいるような顔を見ることができます。
周りの音に快・不快の感情を表すようになり、約20分周期で寝たり起きたりを繰り返しています。

妊娠9ヶ月には赤ちゃんの位置がほぼ定まってきます。
それにともなって胎動を感じることが、徐々に少なくなってきます。
もし胎動が全く感じられない場合は、すぐに医師に相談しましょう。

お腹が張りやすい行動に注意!

妊娠9ヶ月は、まだまだお腹にいてほしい時期です。
張りを促すような4つの行動には注意が必要です。

①長時間の立ちっぱなしや散歩
②重たい荷物を持つ
③身体を冷やす
④疲れやストレス

赤ちゃんの脳の発達をサポートしよう!


妊婦さんの脂質代謝とお腹の赤ちゃんの脂質代謝が大きく変化するのが妊娠9ヶ月(妊娠後期)です。
このころは基本的に細胞の数が増えるというよりは、細胞の大きさが大きくなる時期です。
また、赤ちゃんの身体にも脂肪が蓄えられる時期ですが、同時に脳の発育発達も活発になります。
そのため、この時期に良質な脂質を摂ることは、赤ちゃんの脳の発育発達にもとても大切なことです。

妊婦さんが摂った脂質は胎盤や母乳を通じて赤ちゃんに運ばれます。
DHAをしっかり摂った赤ちゃんは、18ヶ月になったときに運動や行動情緒発達に明らかに良い影響がみられることがわかっています。
胎児や乳幼児の神経発達にDHAはとても重要なのです。

DHAサプリメントでも効果はあるの?

魚の汚染が心配という方もいるかと思います。
そんな方には、不純物を取り除いたピュアフィッシュオイルやDHA・EPAのサプリメントを摂ることもオススメです。
ですが、実はサプリメントよりも魚からの摂取がより効果的だということが、研究結果からわかっているのです。
また、DHA・EPAに加えて、魚に含まれているビタミンDが影響していると言われていますので、サプリメントだけに頼らず、食事から摂ることをまずは考えるようにしましょう。

※ 関連記事
『妊婦もDHAが大切!赤ちゃんの脳の発育に欠かせないDHA・EPA』

妊娠期のお役立ちレシピ!


ここでは、妊娠9ヶ月目に食べておきたい、お腹の赤ちゃんの成長を助ける食事レシピをご紹介します。

サバのみそトマト煮込み

サバの良質オイルでDHAを簡単チャージできるレシピです。

◯材料(2人分)
サバ 2切れ、塩こしょう 少々、オリーブオイル 大さじ1、トマト 2個、ニンニク 1かけ、酒 大さじ2、水 160cc、みりん 大さじ2、みそ 大さじ1

◯作り方
① サバは塩こしょうをふって10分程度置き、水気を拭き取って一口大に切ります。
② フライパンにオリーブオイルを熱し、サバを皮目から焼きます。焼き色が付いたら裏返して、ニンニク、トマト、酒、水を加えて煮ます。
③ 煮立ったらみりん、みそを加えて、トマトが崩れるくらいまで煮込んだら出来上がりです。

黒豆ソイラテ

良質のタンパク質を補給できるレシピです。

◯材料(2人分)
黒豆(煮) 30g、豆乳 150cc、きな粉 小さじ1、しょうが絞り汁 小さじ1/2、はちみつ 適量

◯作り方
① 豆乳を温めます。
② ミキサーに材料を全部入れて撹拌したら出来上がりです。

卵とカイワレ大根のサラダ

葉酸とビタミンの補給にぴったりのレシピです。

◯材料(2人分)
カイワレ大根 1パック、卵 1個、白いりごま 小さじ1
〈A〉オリーブオイル・しょうゆ 大さじ1/2、みりん 小さじ1/2

◯作り方
① カイワレ大根は洗って半分に切ります。
② 卵は薄焼きにして、カイワレ大根と同じ長さの細切りにして、粗熱をとります。
③ ボウルに①と②を混ぜ合わせたら〈A〉を入れて、全体をよく和えます。
④ 器に盛り、白いりごまを散らしたら出来上がりです。

ピーマンとじゃこのおかか和え

かつお節でDHAを簡単チャージできるレシピです。

◯材料(2人分)
ピーマン 2個、じゃこ 大さじ4、かつお節 2g、ごま油・しょうゆ・みりん 小さじ2

◯作り方
① ピーマンは乱切りにします。
② フライパンにごま油を加え、ピーマンとじゃこを炒め、しょうゆとみりんを加えます。
③ ②にかつお節を加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

妊娠後期のマイナートラブル


お腹が大きくなるにつれて、いろいろなマイナートラブルが発生してきます。
ですが、赤ちゃんが生まれれば解消するものなので、あと少しがんばってください!

お腹の張り

お腹の張りは、子宮の収縮によって起こります。
なかには妊娠初期から張りを感じる人もいると思います。
妊娠後期の張りは胎動の刺激やお産の予行練習としての張りです。
おりものが多かったり、出血している場合は、切迫早産の可能性があるので、すぐに医師に相談しましょう。

頻尿・尿もれ

大きくなった子宮に膀胱(ぼうこう)が圧迫されて、トイレが近くなります。
我慢すると膀胱炎になることもあります。
恥ずかしいことではないので、こまめにトイレに行くようにしましょう。

同時に尿もれもしやすくなります。
実は、約半数のママが妊娠中に尿もれを経験していて、それは産後も続いているのです。
尿もれを防ぐためにも、膣を締めるイメージでトレーニング(骨盤底筋運動)をしましょう。
骨盤底筋運動については『妊娠中・産後の尿もれを予防!骨盤底筋を鍛えよう
をご覧ください。

むくみ

お腹が大きくなると子宮が血管を圧迫して血行が悪くなります。
そのため、むくみから手がしびれたり、足がつることもあります。
食生活を改善したり、お風呂でマッサージしたり、ウォーキングをしたりして、血行を良くしていきましょう。
むくみの予防については『妊娠中のむくみの原因って何?むくみの原因と予防法』をご覧ください。

恥骨・股関節の痛み

お産が近づくと赤ちゃんがだんだんと骨盤へと下がってきます。
そうすると、心臓や胃への圧迫が減って息苦しさや胃のむかつきは緩和されますが、違うトラブルが発生します。
太ももの付け根や恥骨が痛むようになってきます。
そのときは、身体を軽く動かすようにすることで、痛みは緩和されます。

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

大きくなった子宮がお腹の静脈を圧迫することで、流れが滞る部分がでてきます。
その部分に血がたまったものが静脈瘤です。
もし静脈瘤ができてしまったときは、立ち仕事など長時間立つ姿勢をとることは控えるようにしましょう。
脚を高くして休むと痛みが緩和されるので、ぜひ試してみてください。

前期破水に注意して!

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が流れ出てしまうことを「前期破水」と言います。
正産期中(妊娠37週〜妊娠41週)に起これば、多くの場合はその後陣痛が始まります。
22〜36週に破水をしてしまうと、細菌による子宮内感染のリスクや、陣痛が発止し、早産になるリスクが高くなります。

また、羊水が減ってしまうと赤ちゃんに酸素を送っているへその緒が圧迫されやすくなります。
そのため、赤ちゃんが苦しくなってしまい、危ない状態になることもあります。

大量に出る場合はナプキンをして横になり、車で病院に向かいましょう。
チョロチョロと出る場合は尿もれと勘違いをしてしまう可能性があります。
ですが、自己判断は危険です!
破水の可能性がある場合はすぐに病院に連絡しましょう。
疑いの段階でも、シャワーや入浴は避けてください。

病院の検査で破水でなければ帰宅となります。
ですが、破水の場合は入院し、妊娠週数に応じた治療を受けなければなりません。
37週以降であれば大きな問題もなく、そのまま自然陣痛がくるのを待ち、陣痛がこなければ、子宮収縮剤を使用することもあります。

パパも心構えが必要

陣痛はいつくるのか誰にも予測できません。
お産に備えて産後に必要な手続き、書類の確認や陣痛タクシーの手配なども忘れずにしておきましょう。
ベビーベッドなどの設置はパパの担当と心得てくださいね。

まとめ

妊娠9ヶ月目はマイナートラブルが増えて、ストレスが溜まりイライラしがちに。
もうすぐ赤ちゃんと出会える喜びと不安が入り交じり、精神的に不安定になるかもしれません。
パパや家族、周囲の人からのサポートを受けながら、残り少ない妊娠生活を楽しめるよう、リラックスして過ごしてください。

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事