空気を読むのが難しい!職場への妊娠報告

空気を読むのが難しい!職場への妊娠報告

妊娠といううれしいビックニュースはある日突然やってきます。
不妊で悩んできた人であれば、その喜びもひとしおでしょう。
ですが、仕事を持つ女性にとってまず大きな壁になるのが職場への妊娠報告です。
これから先の身体の事を考えると早めに報告した方が良いと思いながらも、人手が足りず残業続きの職場や大きなプロジェクトが始まったばかりなど、職場の雰囲気や社風、繁忙のタイミングなどでなかなか切り出しにくいものがあります。
また、報告した時の反応も気になります。
そこで今回は、先輩ママたちがどう乗り越えてきたか体験談をまとめてみました。

判明してすぐに報告したママたち

bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s

○力仕事をすることもある職種で、身体の事を思い、伝えざるをえませんでしたので妊娠したときはすぐ上司に伝えました。
少人数の職場で自分よりも年上の方しかいなかったので、あらゆる面で配慮してもらえました。

○無事に産まれるか不安だったので、上司とその他数人にのみ報告し、ほかの人には安定期に入るまでは言わないでもらいました。
私も報告のタイミングや範囲は悩み、いろいろネットで調べましたが、何かあったときには迷惑をかけるし、理解しておいてもらったほうがいいので。
直属の上司、仕事で密にかかわる人には報告しておいたほうがいいかと思います。

○新しい部署に異動する直前に妊娠が判明し、どうしたらいいんだろうと悩みました。
異動して2週間くらいは黙っていたのですが、つわりがひどくなってきたため、上司と同じ部署の方には伝えました。
そうしたらびっくりするくらい皆優しくしてくれて。
これだったらもっと早くに言えばよかったなぁと思いましたね。

○私は切迫早産体質だったこともあり、心拍確認後にすぐに伝え、残業なしで内勤の勤務形態に変えてもらいました。
その後、すぐに入院することになったので、言っておいてよかったと思いました。

○特に初期と後期は、突然何があるかわからないですし、個人的には、チームで仕事を進めるメンバーには、早めに言っておいた方がよいと感じます。
万が一流産した場合も、心身ともに大きなダメージを受けて、少し休む必要が出てきた場合も周りの理解を得ていれば受け入れてもらえる気がします。

身体が一番しんどい時に余計なストレスを溜めないためにも、職場の理解を得るために早々に報告する人が多い印象ですね。

安定期まで報告を待ったママたちは?

14713676_1092485930828929_8931462300035641283_n1

○妊娠初期は何があるかわからないから、安定期に入るまでは人に言うのが怖かった。

○一度初期の流産経験があり、いつ何が起こるかわからないという不安がずっとあったため、安定期まで指折り数えて待ちました。
ただ、見た目にもわかってきますし、自分で言わずともいつの間にか知られていましたね。

○私の場合、つわりなどがほぼなく、これまでのように動き回ったり残業することが可能でした。
出産ギリギリまで仕事をしたいという気持ちもあり、早めに報告することで必要以上に気を遣われてしまうとやりづらいなと感じ、ごく一部の関係者にだけ伝えました。

○流産の可能性が心配で、噂の的になることも嫌だったので遅めに報告しました。
初めての妊娠で報告のタイミングも分からなかったのですが、体が辛い時に一人で耐えなければならなかったので、それを思うと早めに報告しても良かったかも。

安定期まで待ったママたちは、流産のリスクを一番に考えているようですね。
もしものことを考えると時期を先延ばしにしたくなるのもわかりますが、何よりも身体のことを一番に考え、ベストなタイミングを見極めることが大事なようです。

マタハラなど経験した人っている?

04

ところで、巷では、妊娠をきっかけに辛い立場に立たされ、ひどい場合は解雇されるなどマタニティハラスメントがはびこる職場もあると聞きます。
実際にひどい目にあわされケースはあったのでしょうか。

○派遣社員として働いていたが、派遣先の上司に妊娠を報告したら契約を打ち切られた。
出産まではまだ期間があるので、次の更新までは働きたかったのに。
時期が中途半端すぎて新しい仕事にも就けなかった。

○妊娠報告したら、人事が退職が前提で話を進めてきた。
時代錯誤もはなはだしいし、これまで会社に貢献してきた時間はなんだったんだという気持ち。

○仕事で迷惑をかけたくないと思い、心拍確認後すぐに上司へ報告しましたが、他の人にはしばらく知らせないで欲しいとお願いしたにも関わらず、翌日、みんなから「おめでとう!」と言われ、自分の思惑通りにはいかないことを痛感した。

○お腹も目立ってくるようになり、周りの人が何かと気遣ってくれたり、赤ちゃんの話題を振ってくれたのですが、職場で長いこと不妊治療にかかっている人がおり、彼女の立場で考えたら嫌だろうなと。
個人的にはうれしい反面、できればそっとしておいて欲しかった。

会社の風土、職場の雰囲気、上司の価値観などによって、妊娠・出産の受け止められ方はさまざまです。
妊娠報告は周囲の人やその後のことを考え、冷静に自分の意思を伝えましょう。

妊娠中の食生活の改善に!マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

便利でお得な毎月お届けコースはこちらから
↓↓↓
毎月お届けコース
【37%OFF】【送料無料】【ご解約・お休み・味の変更がいつでも自由】の3つの特典付き

IMG_1348
Yuko

Mama writer
4歳と1歳の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事