肩こりに悩む妊婦さんにオススメのストレッチ10のメニュー

肩こりに悩む妊婦さんにオススメのストレッチ10のメニュー

肩こりは、イライラのもと?

妊娠中に腰痛に悩まされる女性はとても多いですが、腰痛に次いで多いのが「肩こり」です。
夜眠れないほどの肩こりに悩まされている方もいらっしゃるようで、不眠はイライラの原因になってしまいます。
また、肩こりの影響で、家事や日常のちょっとしたことがおっくうになりますよね。

肩こりは、国民病

a8fc35156138d27d7b9382681a2bd072_s

さて、そんな妊婦さんをなやませる肩こりですが、厚生労働省の調査によれば日本人の60%の女性が妊娠前から悩んでおり、「気になる症状」では肩こりは第1位という結果も出ています。
女性は首回りの筋肉が少なく、また冷え性の方も多いため、男性に比べ肩こりになりやすいようです。

どうして、妊娠すると肩がこるの?

妊娠前にも肩こりに悩んでいた方が、妊娠後さらに重くなってしまう方もいるそうです。
では、どうして妊婦さんになると、肩こりが以前より重くなるのでしょうか?

原因は、3つあります。
1つ目の原因は、乳房が大きく重くなり、その負担が肩にかかってしまうことが挙げられます。
妊婦さんのおっぱいは妊娠がすすむにつれ大きくなりますが、その重さを支えるために肩や背中に無理がかかってしまうというわけです。

2つ目の原因は、運動不足によるものです。
妊娠中は、肩こりだけではなく頭痛や吐き気などさまざまな不快な症状に悩まされます。
そのせいで、妊娠する前に比べ体を動かすことが減り、筋肉が落ちてしまいます。
体にかかる負担が増えたのに、それを支える力が少なくなったことも原因のひとつです。

3つ目の原因は、ホルモンバランスが妊娠したことで変化したことが挙げられます。
ホルモンバランスの変化は、自律神経に影響を与えます。
そのせいで、血行が滞ったりして肩こりの原因となってしまいます。

肩こりに悩む妊婦さんにオススメのストレッチ10のメニュー

1d580479c7b683b3a4423b536dae6792_s

肩こりを和らげる方法として、食生活で改善を図る方法、また軽い運動をおこなうなど、さまざまな方法があります。
肩こりの原因がホルモンや運動不足にあるので、長い目でみれば効果が期待できるかもしれません。

ですが、「今すぐこの肩こりをなんとかしたい!!」「すぐに簡単にできる方法が知りたい!!」という方には、ストレッチがオススメです。
それでは、すぐにできるストレッチを10通り紹介したいと思います。

首のストレッチ

1 首の前後運動

まずは、首を前後にゆっくりと動かしてみてください。
首を前と後ろに動かすだけですが、背中までじんわりと伸びるのが、感じられますよね。

2 首の左右の運動

次は、首を左右に動かしていきます。
これもゆっくりおこなっていってください。
肩の力を抜いてリラックスしながら行いましょう。
首だけでなく、肩のあたりも伸びているのが感じられると思います。

3 首を、ゆ〜くりぐるぐる回してみましょう。

最後に首をゆ〜くりぐるぐる回してみてください。
目を閉じて、深呼吸をしながら、肩のコリがほぐれるのを、感じてみてください。

肩甲骨のストレッチ

4 肩甲骨のストレッチ①

次は、肩甲骨のストレッチをおこなっていきます。
これも、簡単にできるものですので、続けてやっていきましょう。

まず、両肩を上にすくめてみましょう。
ロボットのような格好になると思います。
そうしたら、ゆっくりと力を抜き、もとに戻していきます。
肩が少しあたたかくなってきませんか?

5 肩甲骨のストレッチ②

次は、両手を組んで手のひらを上に、両腕を上に伸ばしていきましょう。
これも深呼吸をしながら、ゆっくりと行ってください。
伸びることも大事ですが、肩に意識をおくとより効果があると思います。

6 肩甲骨のストレッチ③

次は、肩甲骨同士をくっつけるストレッチです。
肩に手を置いてください。
肩に手を置いたら、胸を前に出しながら、肩甲骨どうしをくっつけるように意識してみてください。
無理やりやると、体を痛めますので、心地よいポイントで止めてくださいね。

7 肩甲骨のストレッチ④

最後に、肩をゆっくりまわしてみましょう。
肩に両手を置いて、前回し、後ろ回しそれぞれやってみてください。肩甲骨がくっつくように回してみるとよいかもしれません。

タオル体操

8 タオル体操①

最後は、タオルを使ったストレッチを紹介します。
タオルを一枚準備してください。
はじめに、両手でタオルを肩幅にもってください。
そのまま上にもっていきましょう。
両手でひっぱってみると、肩だけではなく腕も伸びると思います。

9 タオル体操②

次に、同じように上にあげたまま、左右にゆっくり動かしてみてください。
体のわきの筋肉も伸びて、気持ちがいいですよね。

10 タオル体操③

最後は、タオルをもったまま、頭の後ろの方にもっていきましょう。
息を吸って吐いて、深呼吸しながら行ってください。

ほんの少しの時間を使いましょう

6558c719d8fdcf319c79951ccef3fc4f_s

さて、10通り紹介しましたが、かかった時間はほんの少し。
空いた時間に、テレビを見ながらでも、お家で簡単にできます。
毎日続けることで肩こりを解消し、イライラの少ないマタニティライフを手に入れましょう。


妊婦さんはトラブルがいっぱい!
妊娠中のトラブル解消に役立つ情報をご紹介しています。
ぜひ参考にしていただいて、快適なマタニティライフをお過ごしください♪
『つわりで食べられない!それでも必要な栄養素をしっかり摂る方法とは?』
『妊娠中は冷え性が大敵!手軽に冷え性を解消する方法5選』
『妊婦さんの頭痛の原因とやわらげる対処法』

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事