貧血に悩む妊婦さん必見!鉄分を賢く摂れる5つのサプリメント

貧血に悩む妊婦さん必見!鉄分を賢く摂れる5つのサプリメント

女性はもともと貧血気味の人が多いですが、それまで貧血とは無縁だった人も妊娠してから貧血になってしまう人もいるようです。
貧血予防となる鉄分はとても大切な栄養素となります。
しかし妊婦さんにとって必要な鉄分量を食事だけで摂取するには限界があります。
そこで、賢く鉄分不足を補ってくれるサプリメントをご紹介しましょう。

妊娠中の貧血の対策

妊娠すると貧血になり疲れやすくなったり、息切れを起こしてしまう人もいます。
悪化するとめまいや頭痛などにも悩まされることもあります。
妊娠するとなぜ貧血になりやすいのでしょうか。

赤ちゃんがお腹にいる時は、ママの血液を通して栄養と酸素を摂っています。
ママの体の中では、赤ちゃんに栄養を運ぶため、そして、分娩に備え妊娠初期から徐々に血液量が増加して、最大で約1.5倍の6リットルまで増えます。
ところが、赤血球などの血球成分よりも水分の増加量が多いため、血液が薄まった状態で増加してしまい貧血傾向になりやすいのです。
ママが貧血状態にあると赤ちゃんに十分な栄養を運んであげることができません。
さらに、優先的に赤ちゃんに必要な栄養が運ばれるため、貧血が重症化する妊婦さんが多くなります。
貧血が重症な妊婦さんから生まれた赤ちゃんは低体重児が多いという報告もあります。
普段から貧血気味の人は妊娠初期から貧血対策をとる必要があります。

妊婦さんの栄養摂取―貧血対策として


妊婦さんの貧血対策としては鉄分の摂取が何よりも大切で、日常の食生活をきちんと整える必要があります。
食品から鉄分を摂取するために、どのような食材があるのでしょうか。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は非ヘム鉄よりも体に吸収されやすく動物性の食品に含まれています。
レバーや赤身肉、マグロ、カツオ、イワシ、アジなどの赤身の魚に多く含まれていますが、注意点としてレバーにはビタミンAが多く含まれており、妊娠初期に過剰に摂取すると胎児に奇形が生じる危険性が高まると言われています。

非ヘム鉄は海藻や野菜などの植物性の食品に含まれており、小松菜やほうれん草、枝豆、納豆、ひじきなどに含まれています。
消化吸収されにくい性質であるため、吸収率が低いのが難点です。
動物性のタンパク質やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるので、食材を上手に組み合わせて食べるように心がけましょう。
また、非ヘム鉄を含む食材には「造血のビタミン」と呼ばれ、妊娠初期には必須の栄養素である葉酸も多く含まれていて、ローカロリーな点でも優れていますので、積極的に摂るようにしましょう。

一方で、鉄分の吸収を妨げる食品もあります。
特に非ヘム鉄を摂るときには、コーヒーや緑茶に含まれるタンニンと一緒に摂ると吸収を阻害するので食事の際に飲む物としては注意が必要です。

妊娠中はママの体だけでなく赤ちゃんの活発な成長を促すために、鉄分のほか、葉酸、タンパク質、亜鉛、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどの栄養を摂る必要があります。
がむしゃらに栄養を摂っても逆にカロリーオーバーで別の側面から危険が生まれてしまいます。
妊婦さんが1日に必要とする鉄分の摂取量は妊娠初期では13mg、妊娠中期から後期では25mgとされています。
食事の摂取カロリーと必要な栄養をバランスよく摂り、足りない分をサプリから補うような摂取方法を試みてください。

オススメのサプリ


サプリメントは添加物を使用していないきちんとしている会社のものを選ぶ必要があります。
また、第三者機関として、厚生労働省や有機JAS認定、GMP認定などの機関が検査しているかどうかも判断基準になります。
また、含有している栄養素としては、鉄分の吸収を高めてくれる葉酸やビタミンが含まれていることが大事です。

1. 美めぐり習慣(さくらの森)

吸収性に優れたヘム鉄を100%配合しており、さらに吸収を高めるビタミンC、B6、B12も配合されています。
また、モロヘイヤから抽出された葉酸とオーガニック生姜も配合されています。
鉄分量:10mg/1日5粒

2.マスチゲンS錠(日本臓器製薬)

鉄分のほか、ビタミンC、B6、B12、葉酸も含まれる第2類医薬品で信頼度が高いのが特徴です。
鉄分量:10mg/1日1粒

3.AFC葉酸サプリ(AFC)

「ピロリン酸第二鉄」という妊娠初期の胎児に悪影響を及ぼすビタミンAが含まれていない鉄分で、使用されている葉酸は厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」のものが使用されているため、安心して飲むことができます。
鉄分量:10mg/1日4粒

4.美的ヌーボープレミアム(美的タウン)

100%天然素材で鉄分は非ヘム鉄が配合され15mgと多く、ビタミン、葉酸のほかにDHAやEPAの必須脂肪酸も配合されていますので、栄養豊富で安心して飲めるサプリです。
鉄分量:15mg/1日5粒

5.めぐりの葉酸

鉄分のほか、食物繊維やカルシウム、ミネラルなどが豊富に含まれています。
また、貧血とともに妊婦さんを悩ませるむくみにも効果があるようです。
鉄分量:不明/1日3粒

鉄分は吸収率が低い栄養素ですが、食事と合せて1日40mgまでに抑えるように摂取しましょう!

食事で鉄分をしっかり摂れる新提案!


もう一つオススメしたいのがマタニティスープです。

食事をとることが大変なつわりの時期、気持ちが悪くてサプリメントを受け付けられず余らせてしまった…。
でも、定期コースでサプリがたまってしまった…ということも。
どれにしようか悩むのも無理はありません。
さらには、過剰症や添加物についての不安もあるかと思います。

マタニティスープは、同じ栄養補助的役割をするといってもサプリメントとは違い、食事のカテゴリーに入ります。
温かくて美味しくお腹を満たし、産後の多忙な時期にも活躍してくれますし、何より、赤ちゃんの成長やママの健康に必要な栄養がぎっしり。
マタニティスープを使ったリゾットなどのアレンジレシピもいろいろあるので、離乳食にも使え、家族の健康もしっかりサポートしてくれます。
サプリメントではかなわない食物繊維の摂取も可能なので、栄養バランスではかなりリードしているのではないでしょうか。

ぜひ美味しいマタニティスープで、妊娠中や授乳期の栄養管理を無理なく楽しんでくださいね。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事