食事だけで痩せる?!妊婦さんのダイエット講座

食事だけで痩せる?!妊婦さんのダイエット講座

見た目だけの問題じゃない!妊婦に体重管理は必須

妊娠中は当然ですが、体重も増えてお腹も出てきます。
妊婦とはいえ女としてオシャレがしたい、キレイでありたいと思いつつも、お腹の赤ちゃんのためにたくさん食べなきゃと、いつも以上にたくさん食べてしまう人もいます。
周囲も「妊婦だから仕方ない」といって注意しないこともありますが、妊婦とはいえ体重管理は重要です。
病院の方針などにもよりますが、厳しい産婦人科の場合は500g単位で体重を管理して、「もう少し痩せて」とか「ちょっと痩せすぎ」なんて言われることもあります。
なぜ、体重管理を重要なのか?
それは、妊娠高血圧症候群という症状を避けるためです。
妊娠中に妊婦が高血圧になると、赤ちゃんの発育に悪影響が出る可能性があることがわかっています。
当然母体にも良い影響はありません。
医師や助産師は、妊娠高血圧症候群の予防のためにも体重管理についてアドバイスをしているのです。

お腹の赤ちゃんのために無理なダイエットは禁物!しっかり食べて体重管理

e7c6d7d568d3a28a128abc2f5bcf1715_s

体重管理が重要といっても、無理なダイエットは禁物です。
お腹の赤ちゃんのためにも、しっかりと食べて、健康な体で臨月を迎えられるようにしましょう。
激しい運動が難しい妊婦さんの場合、大切なのは食事の管理です。

劇的に食生活を変えるのではなくて、いつもとちょっと変える、ちょっとプラス

太り過ぎてはいけない、でもしっかり食べなきゃいけないと言われると、どうしたらいいかわからないという人もいるかもしれません。
無理に食生活を変えるのではなく、食材をちょっと変える、いつもより1品減らす、1品増やすなどの方法で対応しましょう。

例えば、ご飯が大好きという方はお米を精米ではなく、玄米や雑穀米に変えるという方法があります。
玄米とは精製されていないお米のことで、白米よりもミネラルや食物繊維などの栄養が豊富に含まれています。
また、玄米は白米に比べると噛みごたえがあるため、自然と噛む回数が増えます。
噛む回数が増えると唾液の分泌が増え、満腹感が得られるため、結果的に白米に比べると食べる量が少なくなり、ダイエット効果も期待できます。

小腹が空いたときの食べ物もちょっとした工夫で妊婦さんにプラスにかえることができます。
おすすめは枝豆。
枝豆に含まれる葉酸は妊婦には必須の栄養素です。
枝豆以外にも豆類は全般的に葉酸が含まれていて、妊婦におすすめの食材と言われています。
小腹がすいたときにはお菓子の代わりに枝豆を食べるようにするだけでも、健康管理につながります。

安定期に入ったら無理のない範囲での軽い運動もOK

07

ダイエットといえばやっぱり運動と思っている方も少なくないと思います。
妊娠中は激しい運動はNGですが、安定期に入ったあとであれば、主治医などと相談しながら可能な範囲で運動してみることも良いでしょう。
マタニティスイミングやマタニティヨガは有名だと思います。
最近では民間のジムなどでも妊婦さん向けの講座が用意されているケースや、地方自治体が無料や格安で妊婦向けの運動プログラムを実施している場合もあるようです。
妊娠中はあまり遠方への移動は難しいので、自宅の近くで実施されている講座を探して参加してみるのもおすすめです。
ただし、参加前には必ず一度医師に相談し、OKをとってからにしましょう。

精神的にキツいと感じるダイエットは禁物

c341f31c4f970970ce4dd9b6204e79cc_s

母体のためにもお腹の赤ちゃんの発育のためにも体重管理は重要ですが、精神的に大きな負荷になるような無理なダイエットは禁物です。
母体にもお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。
無理のない範囲での体重管理を心がけましょう。

どうしても目標の体重に達しない場合には一人で悩むのではなく、主治医や家族、友人などに相談しましょう。
親戚などですでに出産を経験している人がいる場合には、自分の状況を包み隠さず話してみると、意外な解決策が見つかるかもしれません。

必要な栄養素はマタニティスープで補給するのもおすすめ

2015_12_180085

無理のない体重管理は食事の改善が基本ということはお伝えしました。
食事の改善と言われても具体的にどうすればいいのかわからない方は、マタニティスープを活用するのもおすすめです。

マタニティスープは妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれながら、塩分控えめで低カロリーなので、ダイエットにも効果的です。
味も飽きがこないように、和食や洋食など他の食事メニューと合わせて味を選ぶことができるので、食事の楽しみも奪われません。

調理も簡単で、カップにあけて熱湯をそそぐだけ。
よく混ぜて1分ほど待てば完成です。
調理が簡単なので、働いている方がおろそかになりがちな朝食として摂れば、妊娠中に必要な栄養を朝食で確保することもできます。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

妊娠中の「食」は赤ちゃんの一生を決めるかもしれない

妊娠中の食事は制限されることがあり、ストレスになる方もいるかもしれません。
ですが、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの食べたものからしか栄養がとれません。
妊娠中に食べたものが赤ちゃんの一生の健康に影響するかもしれないことを頭に入れながら食べ物を選ぶようにしていきましょう。

まなみ

writer/管理栄養士
2人の女の子のママです。職業は管理栄養士でただ今育児休業中。優しいパパに支えられながら、家事育児に奮闘中です。2人の子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみです。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事