妊娠中の体重増加・・・無理なダイエットせず体重管理する方法

妊娠中の体重増加・・・無理なダイエットせず体重管理する方法

妊娠したら2人分を食べて、元気な赤ちゃんを産みなさい…といわれていたのは、ずーっと昔のことです。
今では、妊娠して2人分食べていたら、体重増加しすぎで先生に注意されてしまいます。
産婦人科で厳しく体重管理を指導するようになっているので、2人分なんて食べていたら怒られてしまうでしょう。

妊娠すると自然と体重は増加するものです。
最初はつわりで体重が減ってしまったという人でも、妊娠中期や後期にさしかかると、多くの人が体重の増加しすぎで医師から指導されることになります。
自分一人の身体ではないため、どうやってカロリーコントロールをして体重管理をしたらいいのか、悩んでしまいますね。

今回は、妊娠中の体重増加を、無理なダイエットをせずに体重管理をするためにはどうしたらいいのか、お話ししていきます。

妊婦の適正体重とは?

14713676_1092485930828929_8931462300035641283_n1

妊婦の適正体重というのは、元々の体重によって違います。
基準となる数値はBMI値ですね。
体格指数というのですが、平均値は22です。
25以上になると太り気味で、18以下になると痩せ気味です。
BMIは、妊娠前の体重(kg)を、身長をmにして、2乗で割ると出てくるでしょう。
その数値はどこに当てはまりますか?

痩せ気味の場合…約10キロから12キロまで増加可能
普通の場合…約7キロから10キロまで増加可能
太り気味の場合…約5キロから7キロまで増加可能

となっています。
太り気味の人は元々脂肪を蓄えているので、妊娠してから蓄える脂肪はできるだけ増やさないほうがいいでしょう。
痩せ気味の人は脂肪を蓄えて出産しやすい体型に近づける必要があるので、体重は最大で12キロまで増やすことができます。

自分の元の体型によって違う適正体重なので、自分のBMIを調べて、その数値を目安として体重管理をおこないましょう。

どうして体重が増えるの?

妊娠すると体重が増えるのは当たり前なのですが、何がどれぐらいの重さになり、体重が増えているのかを知っていますか?

赤ちゃんの重さがもちろん体重となって現れます。
妊娠初期のころはほとんど重さもありませんが、最終的には約3キロとなります。
そして羊水や胎盤を合わせると、約1キロで、4キロぐらいですね。
それにプラスして、体重によって増やしてもいい体重が決められています。

赤ちゃんや羊水、胎盤の重さは変えることができません。
そのため、それ以外の部分で体重管理をすることになるでしょう。

理想の体重増加とは?

体重増加をしてはダメというわけではなく、赤ちゃんが育つために体重増加は必要です。
体重には増え方というものがあり、増え方が悪いと増えてもいい適正体重範囲内であっても、医師から指導されてしまいます。

妊娠すると体重が増えるのは、やはり後期ですね。
初期はまだまだ赤ちゃんが育っていないですし、中期でもそれほど増えない人が多いです。
やはりぐんぐんと成長する後期にかけて、体重増加のペースが速まります。
中期の時点で適正な増加分をオーバーしていると、後期で赤ちゃんが一気に成長するタイミングでより体重が増えてしまうので、増やしすぎないように気を付けてください。

どれだけ急激に体重増加をするとしても、最大で1週間で5キロが目安です。
一気に増えるよりも、ゆるやかに少しずつ増えていく体重が理想的ですね。

体重増加のしすぎで発生する問題

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_m

体重増加しすぎると、どんなことが問題になるのでしょうか。
まず気を付けなくてはいけないのが、妊娠高血圧症候群』です。
肥満気味の妊婦に起こりやすいもので、妊娠高血圧症候群になると、赤ちゃんの発育不全や、母親の脳出血などが発生する恐れがあります。
命にかかわるものなので、体重の増加しすぎは危険です。

また妊娠高血圧症候群にならなかったとしても、太りすぎは難産に繋がります。
産道などに余計な脂肪がついてしまうので、赤ちゃんが下りづらい状態になり、難産になってしまうのです。
また子宮の収縮も弱くなったり、微弱陣痛が長時間続くなど、出産が長引いてしまうでしょう。

辛い出産はできることなら早く終えてしまいたいですが、妊娠中に体重が増えすぎたことが原因で難産になってしまう可能性もあるので、体重管理はとても大切ですね。

減ってしまう体重にも要注意

妊娠中の体重増加に悩んでいる人にも突如襲ってくるかもしれないのが、体重減少です。
つわりがひどいときは、食べることもできなくて体重が減ってしまうこともありますが、安定期にはいれば体重が減少することはほとんどありません。
もしも体重減少が発生したら、医師に相談してみましょう。

妊娠中のダイエットは厳禁

妊娠中に体重が増えすぎてしまったから、とダイエットをしたくなりますよね。
でも、ダイエットは妊娠中におすすめできません。
ダイエットとなると、食事制限や運動です。
妊婦でも食事制限をすることは可能ですが、栄養バランスが崩れないように、お腹の中にいる赤ちゃんにしっかりと栄養が行き届くように、と気を配った食事が必要です。
過度な食事制限や偏った食事で赤ちゃんに迷惑をかけないように気を付けてください。

また運動もある程度の運動はOKとされていますが、走ったり筋トレをしたり、という激しい運動は妊婦にとってNGです。
ダイエットの基本的なことができない妊娠中は、原則ダイエットが厳禁となります。

母親の貧血、赤ちゃんの発育不全、切迫流産や切迫早産といったリスクが高まります。
また出産の際に低出生体重児として生まれてくる可能性もあります。
健康な身体で健康な赤ちゃんを産むためには、妊娠中の過度なダイエットは禁物なのです。

食品のカロリーを知ろう

特に意識せず口にしている食品ですが、一つ一つにどれぐらいのカロリーがあるか、知っていますか?
ダイエットをしたことがある人は、カロリー計算などをした経験があると思いますが、一度計算してみるとわかるのが、想像しているよりもたくさんのカロリーを人間は摂取しているということです。
人間のカロリー摂取量は、体重や活動量などによって適正量が決まります。

毎日動き回って活動的な人なら消費カロリーも多いのですが、あまり動かずじーっとしていることが多い人は、消費カロリーが少ないです。
その消費カロリーに合わせて1日に必要なカロリーを計算するのですが、自分が口にしている食品一つ一つのカロリーをチェックしてみてください。
そして、1日あたりどれぐらいのカロリーを摂取しているのか、も計算してみましょう。今まで気にせず食べていた食品が、想像以上のカロリーで驚くはずです。

妊娠中の体重増加が気になったら、口にするもののカロリーを意識してみましょう。
食べたいなと思っても、カロリーの摂りすぎになるかも…と自制する心が生まれます。

体重管理のポイント

b8b5434f18908d9075d4c4232a59a037_s

・医師の指導をしっかりと聞く

お世話になっている医師から、体重管理について指導されると思います。
最近はどの産婦人科でも、厳しく体重管理をするようになりました。
自己判断で体重管理をするのではなく、医師に体重管理の必要性や、どのように管理するべきかを聞いてみましょう。
妊婦さんの身体を知り尽くしているプロなので、体重増加に伴って発生する出産のリスクも見据えて、指導してくれるでしょう。
やはり医師の言うことは絶対ですし、母親の為、子供の為と指導してくれています。

・運動をする

激しい運動でダイエットはおすすめできませんが、積極的に動かすのはおすすめします。
お腹が大きくなると動くのが面倒で、それがより一層体重増加を招いてしまう原因になります。
運動の種類としては、ウォーキング、マタニティヨガなど、身体に負担がかからずにできるものが理想です。
そのほうが長続きしやすいですし、お腹の中の赤ちゃんにかかる負担が少なく済みます。
運動をしていて、お腹に違和感があったり、ちょっと辛いなと感じたらすぐに中止してくださいね。
無理しない範囲でできる運動を意識してください。

・栄養バランスを整える

食事の栄養バランスが整うと、自然と太りづらい身体になります。
意識したいのは、和食ですね。
和食は栄養バランスを考えて作られているものが多いです。
また味付けは薄めを意識してください。
塩分の摂りすぎも妊婦にとってはよくないといわれていますし、味付けが濃いものは自然とカロリーが高くなります。
薄味が苦手という人もいるでしょうが、慣れればおいしく食べられるようになります。

マタニティスープでお腹も栄養も満たされる

2015_12_180085

ベジタルのマタニティスープは、1杯あたりのカロリーがとても低いです。
ほうれん草とじゃがいものポタージュは51キロカロリー、とうもろこしと豆乳のポタージュは58キロカロリーです。

とても低カロリーなので、1杯飲んでもそれほどカロリーは気にしなくて大丈夫です。
カロリーが少ないだけでなく、1杯飲むとお腹に溜まり、しっかりと空腹をおさえてくれます。
お腹が空いて、カロリーコントロールをしているけれど、どうしても我慢できなくて食べてしまう…という人はとても多いです。
でも、せっかく我慢したのにカロリー摂取してしまっては、台無しですよね。

マタニティスープは低カロリーでお腹も満たされる、それでいて妊娠中に大切な栄養素(葉酸、カルシウム、鉄分、ビタミン、食物繊維)もたっぷりと入っているので、妊娠している女性にはとても嬉しいスープです。
妊娠中は体重増加も気になりますが、体重増加を気にしすぎて食事量を減らしたことで、赤ちゃんの栄養不足が発生していないかな、と不安になりますよね。
マタニティスープなら、足りない栄養を補って赤ちゃんの成長に役立ってくれるますよ。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事