【妊婦さん必見】京都の産婦人科ベスト5!

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
【妊婦さん必見】京都の産婦人科ベスト5!

産婦人科選びはしっかりと!

妊婦さんなら必ずと言っていいほど選択を迫られる産婦人科。
近場で選ぶのももちろん重要ですが、大事な赤ちゃんの出産をサポートしてくれる環境えらびは、慎重に行いたいものです。
病院によって、異なった設備環境や、評判、サービスがありますので産婦人科選びもなかなか大変な作業です。
それでも、しっかりと選択をしていかなければなりません。
今回は、京都府内で、おすすめの産婦人科を5件紹介させていただきます。

68e2033bfbba4a8c9092ab99e1e7ef66_s

1、身原病院

身原病院の最大の特徴は無痛分娩に24時間対応できることです。

身原病院は麻酔のできる医師が常にスタンバイしています。
そのため24時間無痛分娩に対応することが可能となっています。
通常の産婦人科では無痛分娩に対応していても麻酔のできる医師がその場にいない場合も多いです。
深夜や休日の対応ができずに普通の分娩になってしまったり陣痛促進剤などを使って時間調整をしたりせざるを得ないことがあります。
身原病院であれば麻酔のできる医師が年中無休で、24時間体制で対応しています。

LDR環境で安心した出産を行えるのも魅力です。
身原病院は主としてLDR方式による分娩方法をとっています。
陣痛から分娩、そして産後の回復。
これらを同一の部屋でできるため、お部屋の移動によるママへの負担や不測のトラブルなどのリスクを減らせます。

http://www.mihara.com
住所)京都府京都市西京区上桂宮ノ後町6の8

2、醍醐渡辺クリニック

(NST)ノンストレステストの完備など、充実した検査が特徴です

醍醐渡辺クリニックは妊娠32週からのお母さんすべてに対して、赤ちゃんの現在の状態を調べるノンストレステスト(NST)を行っています。

通常の予定日を経過してからNSTに入るクリニック、医院が多いなか、醍醐渡辺クリニックのこの取り組みは大きな安心感があり、これによって、過去に複数の赤ちゃんの命を救った実績もあります。

さらに、妊娠28週〜は赤ちゃんの推定される体重や羊水の量を確認し、もし必要ならへその緒内部の血流を超音波によって検査するなど、安心に対する温度感が非常に高いです。

醍醐渡辺クリニックでは自然分娩・帝王切開派もちろん、無痛分娩も受け付けています。
当初から無痛分娩を希望される方はもちろん、入院してからやっぱり無痛分娩に切り替えたいという方も、申し出ることができます。
約3人に1人の確率で無痛分娩の希望者がいるため、分娩に関して安心して臨むことができます。

http://www.d-w-c.jp
住所)京都市伏見区醍醐高畑町30-15

3、柏木産婦人科

希望に応じたフリースタイル方式の分娩が非常におすすめなポイントになっています。

柏木産婦人科は、出産される家族の希望にそったフリースタイルを基本的に採用しています。
母親教室で呼吸法のラマーズ法のレクチャーを受けられるほか、出産を目的として通院しているママさんの4Dエコー利用は無料です。
DVDやブルーレイディスクなどを持ち込んでそれを見ながら受けるのがおすすめされているそうです。
カンガルーケアによるスキンシップなど、安心をモットーに運営されています。
普通分娩も帝王切開も、立ち合いにて出産が可能です。

http://www.kwh.jp
住所)京都市右京区太秦垂箕山町13番地3

4、三菱京都病院

三菱京都病院の非常に大きな強みとして挙げられているのが、NICU(新生児集中治療室)が存在することです。

28週~36週の早産児または、多胎妊娠、低体重児の分娩対応が可能な医療技術と設備を備えています。
そのため比較的危険度の高い妊娠・出産を計画している方でも安心です。
新生児のみを専門に診療する医師がいる新生児科といったものもあります。

http://mitsubishi-hp.jp
住所)京都市西京区桂御所町1番地

5、中部産婦人科

中部産婦人科は、自然分娩はもちろん硬膜外麻酔をつかった無痛分娩の取り扱いがあります。
妊娠37週目を過ぎた後、子宮口が成長した後での無痛分娩ができるため、先生の判断を受け、スケジュールや診察の相談ができます。
陣痛促進剤の使用に抵抗がある方、会陰切開はしたくないという方、生まれた赤ちゃんをすぐに抱きしめたい、立ち会いは必ず夫に!など、出産するママやご家族の願いを叶えるバースプランも豊富に用意しているので、希望にそったお産をすることができます。

また、待合室に併設されたキッズコーナーや、快適さが売りのパウダールーム、光の加減を調節して雰囲気を過ごしやすくすることができるLDRなどの設備も豊富に揃っていて、あちらこちらにママや赤ちゃんの配慮されたきめ細かいサービスがおすすめの要因の一つともなっています。
全ての部屋にシャワーやトイレが完備されているので、産後の疲れた体をゆったりと休めることができます。
マタニティヨガ教室などもあったりします。

http://www.nakabe.or.jp
住所)京都市伏見区向島二ノ丸町151-44

まとめ

63c46763fcafe1795357d98ea2086d64_s

いかがでしたでしょうか?
人生の大きなイベントである出産。
その環境を決定づける産婦人科選びは妊婦さんにとって、とても重要なステップになります。
設備、受けることが可能なサービス、予算、人とのつながり方、様々な要因を加味しながら、
ご自身にぴったりの産婦人科を選択して、すばらしい出産を遂げられることを、心よりお祈り申し上げます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事