入院、出産から退院に至るまでの4つのステップと準備が必要なもの

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
入院、出産から退院に至るまでの4つのステップと準備が必要なもの

【いよいよ出産が近づいてきた!?】

妊娠時期も後半を迎え、そろそろ出産の準備を始めなくてはと考えている方はいらっしゃいますか?
だけれど、初めての出産でどんな物をそろえておけばいいかわからない、もしくは入院中に必要な物って何だっけ?とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
今回は出産による入院時から、退院後に必要な物までを時系列でまとめてみました。
これを見て、入院までにしっかりと準備をして、焦らず落ち着いて赤ちゃんを迎えられるようにしましょう。

【入院、陣痛、出産、退院の4ステップ】

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

 

順番は人それぞれ微妙に異なることはあるかと思いますが、今回は以下のような流れを想定してみました。

1、入院の時に必要な物
2、陣痛、分娩が始まってからの、痛みを紛らわす対策グッズ
3、赤ちゃんを出産してから必要な物
4、退院後、家に用意しておくべき赤ちゃんグッズ

それぞれの段階において、必要とされてくる物も変わってきます。
どのタイミングに何が必要か、それぞれシミュレートしてみましょう。

【1、 入院時に必要とされる物】

この段階に必要とされる物、まずは「母子手帳」「保険証」「診察券」「印鑑」などをまとめた一式です。
入院の手続きのために、手元に置いておかなければなりません。
バラバラに保管して慌てることが無いよう、メッシュ入りのビニール袋などにまとめておくとわかりやすいかと思います。

次に用意しておくといいのは、「入院のための着替え」「タオル」「洗面用具」「爪切り」「ヘアクリップ」「メガネ(必要な方)」「スキンケア用品」など一式です。
一般に病院で入院する時と同じく、これらは自分で用意しておいた方がいいでしょう。
また、お産時の入院としては「出産用パジャマ」や「産褥ショーツ」など、必要なものを事前に入院する病院に聞いておきましょう。
何が、どのくらい必要なのか、なるべく具体的に聞いておくと困りません。

【2、入院中に起こる陣痛を紛らわすのに便利な物】

続いては、陣痛が起きた時にあると便利な物をまとめてみました。
陣痛を経験された方は暑かったとよく口にされてます。
ですので、涼しくなるための「うちわ」や、身体を拭くための「濡れタオル」などがあるといいでしょう。

また逆に、腰の冷えによって痛くて困ったというお話も聞きます。
「使い捨てのカイロ」「厚手の靴下」などで調整して、下半身を冷やさないことも痛みを和らげるコツです。

他にあると便利な物としては、「ペットボトル用のストローが付いたキャップ」
こちらがあると姿勢を動かさなくてもいいので、飲み物を飲むときに楽でしょう。
他に「リップクリーム」などを用意しておくといいかもしれません。
出産時は口呼吸によって何より唇が乾燥するので、その予防に持っておくと便利です。
出産時に使える物としては、おしりや腰に当てるための「テニスボール」なども用意しておくと、痛みを和らげてくれます。
実際には陣痛中に自分で使うのは難しいので、夫など付き添う予定の人に前もって使い方を覚えてもらえば、いざというとき慌てなくて済むので、準備しておきましょう。

【3、赤ちゃんを出産してから必要な物】

まずはお母さんと、赤ちゃんのための着替えなどを用意しておきましょう。
お母さん用には、「授乳用ブラジャー」「母乳パッド」「産褥パッド」「ウエストニッパー(骨盤の位置を戻すのに使います)」などがあります。
出産する病院によってはセットで用意してくれていたり、希望購入制だったりしますので、一度確認してみてください。

赤ちゃんには「赤ちゃん用肌着」「おくるみ」「ベビードレス」「おむつ」「おむつカバー」「おしりふき」「ガーゼのハンカチ」「洗浄綿」などを用意しておくといいです。
消耗品も増える頃だと思います。
後は、タイミングごとに必要に応じて購入するなど調整するといいでしょう。

【4、退院後、家に用意しておくべき赤ちゃんグッズ】

赤ちゃんを家に迎えるために必要な物はどんな物があるでしょうか。
「赤ちゃん用のベビーベッド」「哺乳瓶」「ベビーバス」「ベビー布団」などと言った物は、退院後すぐに使うことになるかと思います。
早めの準備をしておくといいでしょう。

そうして一旦落ち着いた後は、赤ちゃんの成長に合わせてお出かけ用の「ベビーカー」「チャイルドシート」「ベビーチェア」など少しずつ必要な物を増やしていくといいのではないでしょうか?
どんなものが良いか迷っている、また短期間しか使用しないという大型のものは、レンタルすることも可能です。
レンタル対応をしているショップを探してみて、実際に使用してから改めて購入を考えてみてください。

【上記以外であると便利な物】

ここでは他に入院時にあったらいいなと思う物を上げてみます。
例えば「日記」「カメラ」などを準備されてはいかがでしょうか?
出産とは、それほど多くの機会に恵まれるわけではないと思います。
生まれてくる赤ちゃんに将来渡す物として、またお父さんお母さんの思い出を残す物として、大事に記録を付けておくと振り返ることができていいのではないかと思います。

【終わりに】

035c81fc66e2907eee7465f14506f4ab_s

今回取り上げた物は参考例ですが、まだまだあると便利な物は出てくるかと思います。
赤ちゃんを迎えるというイベントに正解があるわけではありません。
出産前のママは期待と不安で胸が高まっていることかと思います。
まずは慌てないこと。
事前にできることは沢山あるはずです。
パパ、ママになるための準備として、二人で積極的に協力して取り組んでみましょう。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事