授乳中にコーヒーを飲んでも大丈夫?カフェインの母乳への3つの影響とは

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
授乳中にコーヒーを飲んでも大丈夫?カフェインの母乳への3つの影響とは

カフェインを含むコーヒーとの付き合い方

妊娠中はタバコやお酒がNGなのはもちろん、カフェインを我慢していたママもたくさんいますよね。
赤ちゃんが生まれたらカフェインを解禁しようと思ってるコーヒー好きなママもいるかもしれません。
でも、授乳が終わっていないうちコーヒーを飲んでも大丈夫?
コーヒーに含まれるカフェインは母乳にどのような影響を与えるの?
と疑問に思っているママもいるのではないでしょうか。
今回は、授乳中にコーヒーと上手につきあうために大切な、注意すべき点をご紹介します。

カフェインを多く含む食品

カフェインが含まれている飲み物の代表選手がコーヒーです。
コーヒーに含まれるカフェインの量は、カフェインを含む飲み物としてポピュラーなコーラの約2倍の量だとされています。
コーヒーほどではありませんが、紅茶にもカフェインが含まれています。
そのほかに、ココア、チョコレート(ホワイトチョコレートも含む)、コーラ、栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。

また、煎茶(緑茶)にはカフェインだけではなく、タンニン(カテキン)も含まれていますので、できれば避けた方が良いでしょう。
タンニンは鉄分と結合することで体内に吸収されにくくなり、そのまま排出されやすくなります。
そのため、授乳中は貧血になりやすいので、摂り過ぎに注意する必要があります。

カフェインってどんな成分なの?

カフェインは脳の中枢神経を刺激する覚醒作用があります。
そのために、多量に摂取すると興奮状態になったり、眠れなくなる、落ち着きがなくなるなどの症状が出ることがあります。
また、利尿作用もありますので、授乳中のママに不足しがちなカルシウムも尿と一緒に排出されてしまい、骨粗鬆症のリスクが高まります。
そのほかに、鉄分の吸収を阻害する可能性も指摘されています。
ただでさえ授乳中は貧血になりやすいので注意が必要でしょう。

カフェインが赤ちゃんに与える影響とは?

赤ちゃんへの授乳の時期にママがコーヒーなどを飲みカフェインを摂取した場合、約1%のカフェインは母乳にも含まれます。
結果的に母乳経由で赤ちゃんもカフェインを摂取することになりますが、現在では1日にコーヒーを2、3杯飲んだ程度では赤ちゃんへの影響は少ないと言われています。

カフェインが母乳へと移動するのには、摂ってから約15~30分間とされています。
大人がコーヒーなどを飲んでから、そのカフェインを排出するのに約4時間かかると言われており、母乳経由で赤ちゃんが摂取したカフェインを排出するには、新生児では3~5日、3~5か月の赤ちゃんでは約14時間、5~6か月の赤ちゃんでは2.6時間と成人と同程度にまでなります。
月齢が下がるほど排出されにくく、体内に蓄積されやすいことから、低月齢のうちはカフェインの摂取量に気を付けた方が良さそうですね。

では、母乳を介してカフェインを摂ると赤ちゃんにはどのような影響が出るのでしょうか?
大きく3つの症状がでます。

1. 不眠になる
2. 情緒不安定になり、泣く回数が増える
3. 落ち着きがなくなったり、興奮気味になる

カフェインに対しての反応は、大人よりも赤ちゃんの方が敏感です。
そもそも眠気覚ましに利用されるくらいですので、脳を刺激して感覚や運動機能を高める作用があります。
いくら摂取量が少量だとしても赤ちゃんは過敏に反応しますので、上記の3つの症状が見られる場合は、すぐにカフェインの摂取を控えるようにしましょう。
また、カフェインの多量摂取に喫煙が加わると乳児突然死症候群の可能性が非常に高くなり危険ですので、十分に注意してください。

カフェインとの上手な付き合い方

コーヒーが好きな方は妊娠中にはコーヒーを控えていて、やっと飲めるようになると思っていた矢先、これからもしばらく控えなければいけないというのはつらいですし、ストレスも溜まってしまいます。
気力も体力も使う授乳期のリフレッシュに、1日に摂取して良いカフェインの量を知っておくことで上手に付き合っていきましょう。

授乳中のカフェインの摂取量は?

まず、摂取して問題ないカフェインの量は1日300㎎までとされています。
コーヒーですと1日2~3杯くらいは飲んでも差し支えありません。
とはいえ、お茶や紅茶、チョコレートなどにもカフェインは含まれています。そのあたりもきちんと考えて飲み物を選んでみてください。

カフェインを摂るタイミングもポイントになります。
ママがコーヒーを飲んでから15~30分が母乳に移行するピークとなりますので、飲むタイミングは授乳後が良いでしょう。
次の授乳まで時間がありますので、母乳に含まれるカフェインの量を減らすことも出来ます。
赤ちゃんも母乳をたくさん飲んでお腹いっぱいで眠りについた頃、コーヒーを飲んでホッと一息つくというのもありですね。
また、授乳時間以外では夕方以降は避けた方が良さそうです。
赤ちゃんの寝つきが悪くなったり、夜泣きの原因にもなる可能性がありますので時間を調整しましょう。

カフェインの少ない飲み物に変える

摂取量やタイミングに気を付ければコーヒーなども飲めることが分かっても、授乳の時期が終わるまでは細心の注意を払いたいママには、別の飲み物で代替するのも良いでしょう。
コーヒーであれば、たんぽぽの根を焙煎して作られるたんぽぽコーヒーやカフェインを除去したディカフェ、お茶であれば麦茶やハーブティーがおすすめです。

急にカフェインレスに切り替えるのはつらいママもいるかもしれません。
普段飲んでる飲み物の中に、カフェインがどれだけ含まれているかを意識するところからはじめてみるのもおすすめですよ。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事