生まれてからでは遅い!出産費用は妊娠中にコツコツ貯めよう

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
生まれてからでは遅い!出産費用は妊娠中にコツコツ貯めよう

出産&育児費用は妊娠中から貯めましょう

独身のうちはまったく貯金をしなかった人でも、結婚を機に将来家族を持つためにも貯金を始めるという人は珍しくないと思います。
ですが、出産や育児には想像以上にお金がかかる場面があります。
いざ出産、子育ての段階になってからお金に困らないように、妊娠がわかった段階で、できれば妊娠前からコツコツ貯金をすることをおすすめします。
今回は、実際に出産と育児にどれくらいのお金がかかるのか、貯めるにはどんな方法があるのかとご紹介します。

出産って結局いくらかかるの?

妊娠にかかる検診は健康保健が適用されません。
検査の金額は内容によっても異なりますが、1回3000円~5000円程度、中には1万円近くかかるケースもあります。
また、分娩も健康保健が適用されませんが、健康保健に加入している方であれば出産育児一時金として42万円が支給され、実質的には自己負担がほとんどなく出産ができます。

また、最近では各自治体が独自の制度を設けているケースも多く、妊娠中の検診費用に助成金が出たり、タダになったりという場合もあります。
自治体によって制度が異なるので、気になる方はご自身の住む自治体のホームページなどで調べてみましょう。
また、これから結婚、出産予定で新居を探している方、出産準備中の方などは自治体の子育て支援に対するお金のことも調べて考慮してみると良いかもしれません。

医療費だけじゃない!子育てにかかる費用

出産、育児にかかるお金は病院に払う医療費だけではありません。
マタニティウェアや子ども服、ベビーカー、おむつなど、子育てにかかる費用はバカになりません。

マタニティウェアや子ども服などは一時的に使用するものなので、最近では古着屋さんで購入したり、人から譲ってもらったり、フリマアプリなどで安く購入したりという人も増えているようです。
何かと出費が多い時期なので、工夫しながら必要最低限の出費に抑えるようにしましょう。

赤ちゃんの行事費用だってバカにならない!

赤ちゃんが生まれるのはとてもおめでたいことなのですが、この時期は行事が多く出費もかさむもの。
お宮参り、お食い初めなど様々な行事を全部しっかりやろうとすると、もちろんお金もかかります。
孫のための費用ということで、実家からの支援などがあるケースもあるかもしれませんが、支援があることを前提に考えるのではなく、無理のない範囲で行いましょう。

子育てのお金って結局いくらくらいかかるの?

子どもが生まれてから大学を卒業するまでに数千万円かかるという話を聞いたことがある方も少なくないと思います。
公立の学校なのか私立の学校なのかなどによっても差が出てきますのでここでは細かくは書きませんが、内閣府の調査によると、0歳児~5歳児くらいまでの育児費用は一人につき年間で約100万円かかるといわれています(年齢によって約80万円~約110万円まで幅があります)。
簡単にいえば、子どもが一人生まれると、いままでよりも1年間で100万円余計にお金がかかるということです。
しかもこれは5歳児くらいまでの話で、学校に通うようになればもっとお金がかかります。
出産や育児準備の費用も大きな金額なので、その先の大きな出費のことを忘れがちですが、大きなお金がかかることは想定しておきましょう。

子どものどんな進路にも対応できるようにお金の準備を

子どもが何に興味を持つのかはわかりません。
親が二人とも文系だったから理系には興味をもたないだろうと思っていても、子どもが医学部に行きたいという可能性だってあります。
子どもの進路を狭めないためにも、計画的に貯蓄をしていきましょう。

無理な貯蓄は続かないので、妊娠前から計画的に少しずつ貯蓄をしていくことが重要です。
貯蓄をすることを前提して、家計の出費を調整する体質を家族全体で持つようにしましょう。

必要なお金はどうやって貯めればいいの?

今までお金を貯める習慣のなかった人が、急にお金を貯めろと言われても難しいものだと思います。
そこで、最後に無理のない貯蓄方法をいくつかご紹介します。

積み立て

一つ目は自動積立や財形貯蓄を利用する方法です。
毎月決まったタイミングで決まった金額を定期預金などに振り替えて、積み立てていきます。
例えば毎月5万円であれば年間で60万円。
10年貯めれば600万円です。
ボーナスの月にはプラス10万円など決めて積み立ててもいいでしょう。
大切なのは、積み立てたお金には原則として手を付けないことです。

保険

もう一つが学資保険などの保険を利用する方法です。
学資保険とは主に子どもの進学費用を目的とした保険で、毎月決まった金額を振込、満期になったタイミングで返戻金としてまとまった進学資金を受け取る保険です。
学資保険のいいところは、病気になったり、進学したりという大きなお金が必要になるタイミングでまとまったお金を受け取ることができる点です。
その代り、満期前に解約すると払込金額よりも返戻金が少ないこともあるので注意も必要です。

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
A.T

Mama writer
男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事