産後太りは妊婦中からの食生活!産後ダイエットのススメ

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました
産後太りは妊婦中からの食生活!産後ダイエットのススメ

「なかなか元に戻らない」お母さんたちを悩ませる産後太り

妊婦さんにとって体重管理を続けていくことは、大きな悩みのひとつですよね。
妊娠しているお母さんの体は、日々さまざまな変化をしています。
ホルモンのバランスが変化し、脂肪がつきやすい体になったり、また出産のため血液量も増えていきます。
そのため、妊娠中は体重管理をいくら意識していても、思ったように体重が減らないのが妊婦さんの現実ではないでしょうか。
そんな体重に関する悩みは、実は産後も続いていきます。
赤ちゃんが生まれたあとの体重管理の悩み、それは「産後太り」です。

産後太りってどうして戻らないの?

01

妊娠後期になると腰痛や頭痛に悩まされるため、思うように体を動かすことができません。
また、胎児に影響を及ぼしてしまうため、過度な食事制限や減量は行うことができません。
しかし、赤ちゃんが生まれて何カ月過ぎたら、ダイエットも食事制限もできるはずですが、なぜ産後太りに悩むお母さんがたくさんいるのでしょうか?
それには、おもに二つの理由があります。

1 妊婦さんの体の変化が原因

妊娠による体の変化として、骨盤のひらきがよくあげられますが、変化はそれだけではありません。
他にも基礎代謝や筋肉の低下などがあります。
脂肪をよりよく燃焼させるには、筋肉が必要となってきますが、その筋肉量が妊娠中にガクンと落ちてしまうことが、産後太りがなかなか戻らない理由のひとつです。

2 妊婦さんの生活習慣の変化が原因

体の変化だけではなく、産後は生活習慣も変化していきます。
例えば、赤ちゃんが残したものを食べる習慣や産前の食事制限から解放され甘いものをついつい食べ過ぎてしまったり、などなど。
他には、夜泣きで生活リズムが乱れ、間食のくせがついてしまったり、育児の忙しさから自分の食事が適当になってしまうことも。
このような乱れた生活習慣によって、体重が落ちにくくなってしまいます。

生活習慣なら、妊娠の時でも気をつけられる

骨盤の変化や筋肉の低下など、体におこっている変化は、妊婦さんが意識しても避けられるものではありませんよね。
では、生活習慣はどうでしょうか。
妊娠中に生活習慣を意識しておくことで、無理なダイエットをしなくても、産後太りの解消につながるのではないでしょうか。

妊娠中、毎日の食事でできる産後太り対策

f06b39933e19ebddd9aeabffabe61f80_s

今回は、妊娠中から毎日の食事でできる産後太り対策をいくつか紹介したいと思います。

1 朝・昼・晩規則正しい食生活を

妊娠前は朝・昼・晩と規則正しくとっていた方も、妊娠後期はどうしても食生活が不規則になりがちです。
そんなときでも、1日三食の習慣を意識しましょう。

ですが、食欲がどうしてもわかないときなどあるかもしれません。
そんなときは、一食分抜くのではなく「量より質」(=栄養素)を意識してメニューを考えてみてください。
栄養補助食品でお腹を満たしながら、しっかり栄養を摂ることも必要です。
妊娠中から意識することで、その習慣は産後もキープできますよ。

2 栄養のバランスを「主食・主菜・副菜」で整えよう

「一日3食とりたいんだけど、栄養のバランスがとれているか心配」という方にオススメなのは、一食のメニューを「主食・主菜・副菜」で考える習慣をつけてみることです。
主食・主菜・副菜を考えながらメニューを作ることで、赤ちゃんにもお母さんにも必要な栄養素をとることができます。
妊娠中に、いろいろなレパートリーを覚えておけば、産後も自然と栄養バランスが摂れるようになりますよね。

3 「自然の糖分」をとる習慣を身につけよう

妊娠後期になると、無性に甘いものが食べたくなるときってありますよね。
以前はそんなこともなかったのに、チョコレートを何枚も食べるようになってしまったなど、妊娠中は味覚や食生活にも変化がでてくることもあります。
ですが、砂糖を大量にとりすぎるのは胎児に悪影響を及ぼすことになりかねません。

そこで、オススメしたいのは、「自然の糖分」をとる習慣を身につけることです。
たとえば、さつまいもや柿、フルーツなどの食材でも十分に糖分をとることができます。
ドライフルーツもオススメです。
ドライフルーツには、食物繊維、カリウム、鉄、カルシウムのほか、抗酸化物質といった栄養成分が豊富に含まれています。
これらの栄養成分は、妊婦さんの体に良い作用があります。
ですが、美味しいからといって、食べ過ぎには注意してくださいね。

4 産後の便秘解消にも!食物繊維の取り方を今のうちに知ろう

妊娠後期には便秘に悩む方は多いですが、産後のお母さんも悩んでいる方が多くいます。
産後は、赤ちゃんへ授乳によって水分が多くとられるため、体内の水分量が不足し便秘が起こりやすくなります。
この便秘が原因となり、産後太りを起こしてしまう方もいます。

そうならないために、妊娠後期から食物繊維をとるように心がけてみてください。
たとえば、海藻やきのこ類、こんにゃくなども食物繊維は多く含まれています。
今のうちから、食物繊維を意識して食べてみてくださいね。

食事の工夫で、妊娠前のスタイルに

953840a14bd0bb97cf8906036c00f01a_s

産後は、おむつや授乳だけではなく家の家事など、妊娠中以上に忙しくなります。
そんな中、産後太り解消のために、なかなかダイエットや運動の時間が確保できないという声も聞きます。
でも、食生活なら意識をしてみるだけで、取り組むことができますよね。
「妊娠前のスタイルに」いち早く戻るためにも、妊娠中の今から食生活を見直してみてくださいね!

IMG_1348
Yuko

Mama writer
2人の男の子のママです。まだまだ戸惑う育児、時間に追われる家事ですが、夫婦で協力して忙しいながらも今しか味わえない日々を楽しめるようにしています。記憶に残るライターとして皆さまにお届けしていきます。

編集部おすすめ

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄誉補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事