妊活中に忘れがちな事、NO1。それは生理用品の選択

妊活中に忘れがちな事、NO1。それは生理用品の選択

妊活されている方であれば、たくさん気を付けていることがあると思います。

・食事を整える。
・基礎体温をつけてみる。
・運動をしてみる。
・体重管理をしてみる。
・温める。

…etc。
いろいろとありますよね。
みなさん、たくさん頑張っておりますね。

ですが、妊活にとっても大事な事をお忘れになられているのです。

普段の生理用品は、何をお使いですか?
市販の紙(ケミカル)ナプキンですか?
布ナプキンですか?

紙(ケミカル)ナプキンをお使いの方。
ちょっと大切な事をお話しますので、しっかり読んでくださいね。

1

まずは、市販の紙(ケミカル)ナプキンについてです。
市販の紙(ケミカル)ナプキンは、すべて白いですよね?
これは、赤ちゃん用のおむつも、老人用のおむつも一緒です。

では、なぜ白いのでしょう?
これは、厚生労働省で「白くなければいけない」という決まりのもとに作られているからなのです。

白くするためには、漂白処理が必要なのです。
この漂白処理の時に、なんとダイオキシンを含有してしまうのです。

2

ダイオキシンと聞くと、身体によくない。ということは、すぐにわかりますよね?
実は、このダイオキシンが「ホルモン撹乱作用」「発がん性リスクを高める」と言われているのです。

大事な言葉が出てきましたね。

「ホルモン撹乱作用」
「発がん性リスクを高める」

今回は、「ホルモン撹乱作用」について書きますね。

ホルモンのバランスが崩れてしまったら、生理がきちんと毎月訪れません。
残念ながら、生理不順のためにピルを内服している女性はとても多いのが現状です。

毎月来るはずの生理が、きちんと来ないということは、
「妊娠できるチャンスが少ない」
ということですね。

せっかく、妊活を頑張っていても、妊娠できるチャンスが少ないことは、もったいない事です。

毎月使っている生理用品。
また、おりものシートを使っている方は、「毎日ホルモンバランスを崩している」ということになります。

【妊活中に忘れがちな事、NO1。それは生理用品の選択。】

体を温めたり、食事、運動、基礎体温…
こういったことは、「知っていた」、「していた」という方も多いのではないでしょうか?

今行っている妊活の1つとして。

自分の身体を大切にする1つとして。

そして、赤ちゃんを迎える準備として、「布ナプキン」を知ってみませんか?

3

13624512_877585322369576_1029062351_n
神宮香織里

布ナプキンアドバイザー®アオ。
http://ameblo.jp/jingukaori/

布ナプキンを使って、生理のトラブル・生理不順・頻尿・PMSを解消する方法をお伝えしている神宮香織里と申します。紙ナプキンから布ナプキンに変えることで、「次の生理が楽しみになる!」という方を増やすお手伝いをしています。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事