いつくる?ドキドキ!知っていたら安心。出産の前兆

いつくる?ドキドキ!知っていたら安心。出産の前兆

臨月に入ると、「いつ産まれるかな」と前兆を気にしだす時期かと思います。
臨月とは妊娠36週~39週のことを指し、この時期はいつ産まれてもおかしくない時期ですので、出産の前兆はどんなものがあるのか知っておきましょう。
予定日が必ずしも出産日と重なるわけではありません。

出産の前兆はひとそれぞれ

02

近年は出産予定日もより正確に算出できるようになりましたが、予定日に出産するとは限りません。

自然分娩の場合、おしるし、破水、陣痛のうちのどれかが出産の前兆としてやってきます。
前兆がどの順番でやってくるかわかりませんが、全部が一緒にはじまる人もいれば、そうでない人も。
ママそれぞれに出産の前兆は違うということを覚えておきましょう。
だた、前兆はいくつかあるので、体へのどんなサインが前兆なのか、ここでは出産直前よりちょっと前の前兆をご紹介しておきます。

前駆陣痛が始まった!おなかや腰が痛い!

b995658d958e43c05747a79052f911fa_m

前駆陣痛とは、出産が近づくと起こる不規則なおなかの動きです。
子宮の収縮が原因で、おなかや腰などが痛くなります。
前駆陣痛は間隔や痛みの強弱が不規則なことが特徴です。
陣痛?と勘違いしてしまうママもいるかもしれませんが、陣痛ではありません。
前駆陣痛から直接陣痛に繋がることはないといわれているので、すぐに産まれる!ということはありませんし、間隔もまばらなため、段々遠のいていき、治まります。
前駆陣痛は、陣痛の練習のようなものと考えておいてください。

子宮の収縮が10分間隔で繰り返し起こるようであれば、本格的な陣痛ですから、産婦人科に連絡をしてくださいね。

不規則にお腹が貼って出血するおしるし

04

不規則にお腹が貼る症状が出る人もいます。初産ではおなかの張り具合がよくわからないでしょうから、普段からリラックスしているときにおなかを少し押してみて、通常のおなかの硬さを知っておくといいかもしれません。

いつもよりおなかが固く、少量の出血があったら、出産の前兆です。
日本では「おしるし」とも呼ばれ、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にずれができ、少量の出血が起きます。これがおしるしなのです。

おしるしの色や量にも個人差があり、鮮血や、ピンク色、茶色っぽいなど、子宮頸管から出たおりものに混じり、少しねばねばしているのが特徴です。
痛みなどはないため、トイレに行ったときに気づくことが多いとのことです。

おしるしのあと数日以内に陣痛が始まるともいわれていますが、1週間後だったという人もいますので、これも個人差があるようです。
大量の出血や強いおなかの痛みが伴うときはすぐに産婦人科に連絡しましょう。

尿漏れ?音がした!破水前の前期破水

05

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破け、羊水が体外に流れ出ることを破水といいます。
普通は陣痛がピークになる子宮口全開大のときに起こります。
しかし、陣痛前に起こる場合もあり、これを前期破水といいます。
原因は細菌感染による卵膜の弱体化や、多胎妊娠や羊水過多による子宮上昇が考えられています。

赤ちゃんへの細菌感染の加納英を考え、すぐに産婦人科に行きましょう。
破水の量が多いときは生理用ナプキンをあてていくと気持ちが楽です。

お腹が下がって胃がすっきり!食欲増進!

05

臨月では赤ちゃんは外に出るために段々と骨盤の下に降りてきているので、おなかのふくらみの場所が下に移動してきます。
鏡で見ると、はっきりと位置が変わったとわかるほど。

そして、これまで子宮に圧迫されていた胃が解放されてすっきりする妊婦さんが多いようです。
そのため食欲が増し、体重も増加してしまうことも。
体重が増えすぎると、産道が圧迫され、赤ちゃんが出づらく苦労することもあるので、トレスにならない程度に食事制限をして、体重管理を意識していくと、スムーズなお産に繋がります。

便秘がすっきり!腸内が快適に。

06

妊娠中は腸が大きな子宮に圧迫されて、便秘に悩まされていた妊婦さんも、臨月になると急に解消されてすっきりすることが多いようです。
妊娠中にさかんに行われていたプロゲステロンホルモンの分泌が、出産間近になるにつれ減少するためといわれています。
プロゲステロンは腸のはたらきを弱くする作用があるため、分泌が減っていくほど腸のはたらきは戻っていくと考えられています。

逆に妊娠中も快便だったという人が、臨月になったら、おなかを下したり下痢にしたりする場合も。
これもプロゲステロンの作用や、子宮が下がってくることで腸や膀胱が圧迫されるためだともいわれています。
このため脱水症状を引き起こすことにもなりかねないので、こまめな水分補給を意識してください。

またつわり?吐き気もあるし、足の付け根が痛む

64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_m

先ほどのホルモンの話とつながりますが、臨月くらいになると出産に向けて女性ホルモンの分泌が変化します。
その影響で胃や腸などの消化器官の筋肉がゆるみ、胃酸が逆流しやすくなり、つわりのような吐き気を感じる場合があります。
これを後期つわりといいます。
妊娠初期のつわりとは原因が違います。

臨月で赤ちゃんが下がってきたといっても、まだまだ胃や腸は赤ちゃんで圧迫されている状態です。
つわりのような吐き気があらわれたら、一回の食事量を減らして小分けにして食べるようにするなど、食事のとり方も工夫してください。

また、赤ちゃんが下がり頭が骨盤まで降りてきて固定されることで、子宮内で自由に動き回っていたような赤ちゃんもこれまでの動きが制限されるので、ママにとっては胎動の動きを感じることが減ることを感じる人も多いようですが、これも個人差があり、出産直前まで激しい胎動を感じていたという人もいます。
ただし、まったく胎動がなくなるということはありえないので、一日胎動を感じないということがあれば、病院にいくことをおすすめします。

さらに、赤ちゃんが降りてくることによりほかにも症状があります。
骨盤の神経を圧迫されるため足の付け根に痛みを感じることもあります。
ほかにも恥骨の結合部分が開いてくるため、恥骨部分に痛みを感じる人もいます。
この痛みは赤ちゃんが降りてきている証拠ですので、心配しないで大丈夫です。

まとめ

ほかにも、人によっては、手足がむくむ、織物の量が増える、トイレが近くなる、一日中眠い、疲れやすい、頭痛がするなど、さまざまな症状が現れることも。
これもすべて赤ちゃんが外に出るための準備をしているから、ママの体にも変化が訪れているのです。
このような赤ちゃんの出産の前兆を知っておくと、そろそろかな?とママも心の準備ができますね。


妊婦さんはトラブルがいっぱい!
妊娠中のトラブル解消に役立つ情報をご紹介しています。
ぜひ参考にしていただいて、快適なマタニティライフをお過ごしください♪
『つわりの時におすすめの食べ物ランキング!これがあれば乗り切れる!』
『妊娠中は冷え性が大敵!手軽に冷え性を解消する方法5選』
『妊婦さんの頭痛の原因とやわらげる対処法』

fba3be6a9c512a3475fac5fd54d28e97.dat
新米ママ A.T

Mama writer
0歳の男の子の子育て奮闘中。子供から教わることばかりですが、日々幸せを感じる育児生活を送っています。お仕事で整体師やエステシャンをやっていたので体の事や美容の事で、少しでも皆様のお役にたてる情報をお届けできたらと思っております。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事