つわりで食べられない人必見!妊娠中でも食べやすいもの5選

つわりで食べられない人必見!妊娠中でも食べやすいもの5選

妊娠初期に襲ってくるつわりは、辛いですよね。
軽いつわりなら仕事をしながらでもなんとかなりますし、少し我慢するだけで解消するので不便はないでしょう。
食べ物も普通に食べられます。

でも、そんな軽いものではないつわりが襲ってくる人もいます。
元々持つ体質などにもよるのですが、つわりがひどいと食べ物を見るのも香りをかぐのもダメで、頑張って食べてみてもすぐに吐いてしまう、という繰り返しです。
元々の体重より痩せてしまう人だっています。

ひどいつわりの人から、軽いつわりの人まで、つわりとは妊娠初期の間付き合っていかなくてはいけません。
つわりで食べられないときでも、やはり何か口にしないと辛いですし栄養不足になってしまうので、つわりの最中でも食べやすいものをご紹介します。

つわりはどうして起こる?

03

つわりは妊娠初期に悩まされる症状ですが、どうしてつわりは起きてしまうのでしょうか。

・ hCGの分泌

妊娠すると、受精卵からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。
これは急激な分泌となり、黄体ホルモンというプロゲステロンの分泌が低下しないように、と働いてくれます。
hCGの分泌があるので、妊娠が継続できるのです。

しかし、この急激な分泌には、身体がついていけなくなります。
その影響でつわりが発生するのではないか、という説があります。

・ 自律神経が乱れる

妊娠すると、女性の身体は急激な変化をします。
そのため、自律神経も当然乱れます。
その自律神経の乱れがつわりの原因である、ともいわれています。

・ 妊娠を継続するための反応

しっかりと妊娠を継続させ、流産などが起きないように、つわりを起こしてあまり身体が動かせないようにしているのでは…という話や、身体にある悪いものを排除するために起こっているのでは、という説もあります。

・ 身体が拒絶反応をする

妊娠することは、今までの生活では考えられなかったこと、ですよね。
そのため、身体が妊娠を異常と感じてつわりが起こる可能性も考えられています。

つわりの原因ははっきりしていないものの、いくつかの説があります。
どの説が本当でどの説が嘘なのかということはわからないのですが、つわりは女性の身体の変化によって起こるもの、というのは間違いありません。

つわりで心配な栄養不足

つわりがひどくなってくると、食べ物をほとんど受け付けない状態になります。
食べられるものだけを食べるというような生活になるのですが、そこで心配になるのが子供への影響です。
お腹の中にいる赤ちゃんには、母親の栄養が送られている、というのは知っていますよね。母親が何も口にしないとなると、栄養が行き届いていない不安があります。

しかし、実はつわりで栄養が摂取できていなくても、お腹の中の赤ちゃんには影響がありません。
妊娠初期の間は、母親の身体に蓄えられている栄養で十分赤ちゃんは成長することができます。
そのため、あまり心配せずに自分の身体のことだけを考えるようにしましょう。

一つだけ気を付けてほしいのが、葉酸の摂取です。
葉酸は妊娠の時期に関わらず摂取が推奨されているのですが、特に妊娠超初期から初期の間にとても重要な役割を果たします。
そのため、葉酸不足にだけはならないように、食事を工夫しましょう。

心配しすぎると余計にお腹の中の赤ちゃんにとって良くない負担がかかってしまいます。
気にしすぎない、食べられる物を食べられるときに口にする、というような過ごし方をしてください。
つわりは永遠に続くものではなく、安定期になれば自然と落ち着きます。

体重の減少は医師に相談を

02

つわりがひどくなってしまうと、元々の体重よりも減って痩せることがあります。
基本的に体重が減るのは仕方がないことなのですが、体重が急激に減ったということであれば、医師に相談してください。
つわりで何も口にできないと母親の身体が栄養不足になるので、点滴などで栄養補給をしてもらえます。

場合によっては栄養機能食品などでの栄養補給もありますし、あまりに辛いつわりは我慢しすぎず、医師に相談して対策やアドバイスをもらいましょう。

病院に行った方がいいつわりってあるの?

つわりは仕方がないものと思って過ごしていても、あまりにひどい場合は病院に行ってちゃんと相談した方がいいですね。

・ずっと吐き気があって吐いてしまう
・水分も受け付けない
・排尿が減る
・生活ができないぐらい辛い
というような症状です。

つわりだから仕方がないと我慢しすぎるのも危険です。
体重減少が起きただけではなく、上の症状が当てはまるときには、医師に相談すると安心ですね。
心配なままの妊婦生活はつらいので、不安を取り除くためにも病院へ行きましょう。

つわりのピークはいつ?

妊娠初期の間だけ続くつわりなので、安定期に入ればつわりに悩まされることもなくなります。
終わりが見えていれば、辛い時期も今だけ…と頑張ることができますよね。

つわりのピークと言われているのは、妊娠5週ぐらいから、妊娠15週ぐらいまでです。
個人差があるので、もっと早く軽い吐き気を感じる人もいれば、あまり感じずに気づいたら安定期、ということもあります。
だいたい妊娠11週には軽くなってくるので、つわりがそれほど長く続くものではありません。

つわりがピークを迎えることには、自分の身体が変化していっているんだな、と感じながら生活を送りましょう。

妊娠中でも食べやすいもの

b3d82b28024fd602c0236d58e7817981_s

・冷たいもの

つわりで多いのが、温かい食べ物のにおいをかぐと吐き気がする、という症状です。
身体を冷やしていけないから、と妊娠中は温かいものを摂りたくなりますが、妊娠初期でつわりに苦しんでいるときは例外です。
ただし冷やしすぎるのではなく、常温ぐらいが理想ですね。
身体を冷やさずに食べられるでしょう。

水分補給をするときには、温かい飲み物ではなく常温のお水、が理想です。
もしくは氷をなめるのもいいですね。
氷は時間をかけて溶かしながら入っていくので、身体を冷やしません。
水も飲めないほど辛いつわりの人でも、氷なら口にしやすいです。

・さっぱりしているもの

こってり系の食事は、つわりがなくても受け付けない人もいますよね。
つわりでむかむかしているときは、特に禁物です。
余計につわりをひどくさせてしまいます。
特に胃腸の機能も弱っている時期なので、つわりを悪化させてしまいます。
スタミナをつけないといけないから、と無理はしないでください。
さっぱりしたものを食べてくださいね。

・柔らかいもの

あまり噛まずに食べられるものは、つわりの最中でも食べやすいです。
お豆腐などはつわりのときでも食べやすいといわれています。
また液体になっているものもいいですね。
固形が難しい時は液体で、あまり噛まずに食べられる物を選んでください。
栄養補助成分が入ったゼリーなどでもいいですね。

・甘いもの

つわりの時は、意外にも甘いものは食べやすいです。
朝目覚めたときにつわりが襲ってくる妊婦さんが多いですね。
胃がからっぽなので、どうしても吐き気などが出てしまいます。
あまり食べることができないけれど、空腹が続きすぎるとつわりがひどくなる、という人は甘いものを食べてみてください。

飴などは食欲がなくても食べられますし、なめているうちにお腹も落ち着いてきます。
血糖値が下がりすぎるのを防ぐこともできるので、朝起きたときに1つ飴を食べて、気持ちもお腹も落ち着かせましょう。

・フルーツ

つわりがひどい時でも、食べられるならフルーツをおすすめします。
フルーツは旬のものでいいですし、柑橘系が食べやすいといわれています。
特に不足しがちなビタミンCが摂取できるフルーツを選ぶといいですね。
香りがありますが、フルーツの香りならつわりがひどくても大丈夫という妊婦さんが多いです。

消化のいいものを食べよう

食べられるものを食べられるときに…がつわりのときの食事ですが、だからといって消化の悪いものを食べないように気を付けてください。
胃の消化機能が弱まっているため、食べ過ぎや飲み過ぎも禁物です。
今食べられるからたくさん食べておこうと無理をして食べると、ひどい胃もたれに襲われます。

消化が良いものを選んで、食べられるものを食べられるだけ、そして無理のない量を心掛けてください。

つわりでも飲みやすいマタニティスープ

2015_12_180088

つわりは軽い人なら、それほど日常生活に支障はないのですが、つわりがひどいと日常生活に支障が出るだけでなく、食べ物を受け付けなくなって困ります。
体重の減少もありますが、赤ちゃんへの影響はあまり気にしなくてもいいでしょう。

しかし心配なのが、母親の身体に栄養が不足して体調不良になってしまうことです。
つわりになると食べられない苦しみが続くので、何か食べられるものを見つけられるといいですよね。

そこでおすすめしたいのが、マタニティスープです。
スープなので食べずに飲むだけでOKです。
食べるのは辛いけど飲むだけなら…という妊婦さんも多いです。
もちろん味の好みやつわりの状態、体調によってスープも無理という場合もありますが、マタニティスープはつわりで悩んでいる人でも飲みやすい、と評判がいいです。

特にマタニティスープの中でも、生姜トマトスープはさっぱりしているので、口の中に残らずすっきりと飲めます。
つわりがひどいときに心配な栄養不足ですが、マタニティスープにはたっぷりの栄養が入っていて、妊娠中に必要な栄養素を補えます。

何も口にしたくないときでも、スープだけは飲んで栄養補給に役立ててくださいね。

マタニティスープお試しセット実施中!!


送料無料の入りマタニティスープお試しセットを公式WEBサイトで発売中です。
お試し価格:780円(税込・送料無料)

『ほうれん草とじゃがいものポタージュ』『とうもろこしと豆乳のポタージュ』『わかめとガゴメ昆布の海藻スープ』『生姜トマトスープ』の4種類が楽しめます!

※お試しセットの内容は変更になる場合がありますので、詳しくは公式WEBサイトで確認してください。

c95ffbd08b669f535f83df000895065f.dat
宮川修一

株式会社ベジタル 代表
ウェルネス・アンバサダー
2011年12月生まれと2015年5月生まれの男の子の父。サラリーマン時代にスープ専門店を経営。妻の妊娠を期に、子供の食育はお腹の中から始まっていることを知り、産前・産後の健康をサポートするマタニティスープを開発。プレママ・ママが住みやすい環境づくりを応援するためベイビースタイル、まえばしマタニティサークルなどを実施中。

編集部おすすめ商品

MATERNITY SOUP

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルのために

マタニティスープ

妊娠中の食生活が気になるママに。
産婦人科 佐藤病院・妊産婦ケア専門の管理栄養士・お子さんのいるママの声から生まれた
妊娠中のママとおなかの赤ちゃんのためのスープです。

MATERNITY SOUP

妊娠中のママとおなかの赤ちゃんへの贈り物

マタニティスープギフト

これからママになる大切な人への妊娠祝いに。
妊娠中のママが元気に安心してマタニティライフを送れるように
家族や友人みんなで食生活をサポートするマタニティ応援ギフトです。

マタニティスープは妊娠中の女性たちととことん向き合って開発しました

最新記事